FC2ブログ

ARCHIVE - 2013年12月

2013
12/13

43名の死と震災の苦しみ忘れないで


数週間前に何気なく撮影した「磯の沢」の三陸道の高架橋だが、手前の擁壁の何かが判った。三陸道の一部と思っていたが、ここに新しく志津川の変電所が移築される。131212_124020.jpg
写真は現在の「仮変電所」である。震災で町の変電所が津波で流出し、電気が1か月以上も町にはなく、あの寒さの中の生活を思い出す。
当初は入谷地区の方から、登米市から近い入谷を通し、変電所は入谷へとの話もあった。入谷は南三陸町にあり、大きな壊滅的に被害が無かった地区でもあり、当然の提案ながら町は受け入れには消極的だった。入谷への被災からの移転場所としての、「第二の町形成」の私の提案も一部の地元有力者の中から、「行政と一緒に」と受け入れてもらえなかった。現在、「入谷地区はあてしてない」との行政の一部の声に、そうなんだと今になって、その理由がわかった。
「3・11を忘れない」と私は言い続けたい。防災庁舎の同級生や仲間の死も、あの壊滅的な町の姿も、何もないあの町で町民と共に苦しんだ日々も、忘れる事のないようにパソコンの「マイピクチャー」を開けば、当時の多くの苦しみと共に、多くの問題や不正な義援金の流用話が思い出される。

「かぐや姫の物語」で、「今のすべては過去のすべて、今のすべては未来の希望、必ず覚えている今の記憶」と、挿入歌がある。この言葉の意味を今考えている。
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 08:36 】


TOP