FC2ブログ

ARCHIVE - 2013年11月

2013
11/26

多くの人たちの思い出の場所


遺跡発掘調査説明の時に新井田川の仮設の橋から、旧新井田地区と高台移転の中央区を撮影した。ここで多くの人たちが暮らしていた町の思い出を、私がブログで書くことに少しの罪悪感を思ってしまう。「生き残り何をしているか」と言われそうで申し訳ない。
キャロライン駐日大使が昨日「中瀬町仮設」を訪れた。仮設入居者が集まり皆さんとの「絆の握手」は、住民もキャロライン大使と身近に話せることで、「こんな所まで」「元気が出ました」と話す。中瀬町の活動の「手袋たわし制作」を見学しに来たと言う。
最初の訪問地は石巻の小学校で、英語教師の津波による死があり、教師の追悼と絵本の贈呈と、英語の絵本の読み聞かせの後で、「大使館に来て下さい」「米国へも来て下さい」と、優しく子供達と交流し合った。大使は作家でありご主人も同行していた。
また、南三陸町の行政には小泉復興庁政務次官が訪れた。自民党青年部会長であり復興庁政務次官である、小泉進次郎氏が同日に訪問され、南三陸町の現状を聞き取った。行政からは「公園用地の管理費を交付金で」と、要望書が手渡された。
ただ仕事をしているだけしか無い自分がいる。寂しいかぎりで、何かを一生懸命できていた日が懐かしく、時間に追われる日々だったが、充実したあの時が恋しい。

スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 08:35 】


TOP