FC2ブログ

ARCHIVE - 2013年10月

2013
10/02

志津川地区の全景です復興は市場だけ


昨日は「立候補者説明会」があった。出席者は現職の12人に、新人が5人の姿を見る。4年前何も解らず説明会に出席し、混乱の中で一人での準備、今、思うと良くやっていたと感じる。その当時の行政トップへの怒りがエネルギーとなり、突っ走った4年間を振り返る。その怒りは少しは減少したが、まだ復興復旧に形に多くの疑問がある。町長選は予定通り一騎打ちのようだ。
ローンの申請にまた問題が発生だ。借りられるような銀行の指導の下でいろいろの準備をし、家族3人の力で何とかしたいと思っていたが、兄弟の協力を得ないと何ともならなくなった。ここまで来て銀行への怒りを昨日爆発させたが、私が何を言っても巨大な企業には勝てない。企業の人情が無くなったと、同様の話しを震災後に同業者から聞いた。自分の弱さを痛感する。彼は自己破産を申請したと風の噂に聞く。
突然の電話だった。「遺跡の出土で復興が遅れているのですか?」との、報道機関からの電話で、高台移転への質問の多い、と言う事から私への取材だった。「決して遺跡出土のせいではない」と私は答えた。
ホテル観洋から志津川市街地を望む、この写真からは復興の姿は良く判らないが、拡大してみると、市街地は2年7か月が経とうとする現在、市場は水産業の復活のために進んではいるが、住民再建は見える場所での判断では、再建はまだまだだと感じる。
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:24 】


TOP