FC2ブログ

ARCHIVE - 2013年09月

2013
09/03

通勤ラッシュこれが朝毎日

竜巻の発生は臨時放送で伝えられた。67人の重軽傷をだし、夕方のニュースがすべて竜巻の被害が報じられた。今年の異状気象は30年に一度発生するものと言う。
朝五時から起き6時になり『隣の病院に行く』 と大騒ぎ、いつもと違うと今度は救急車と言う、血圧200あると簡易の測定器でなんども測定する。私がいるから、その甘えと捉えている。毎日一人ている父親、不安を抱ええての生活は、町内に沢山あり、こんな毎日を暮らしている、と今日強く感じた。
CIMG2883.jpg
父親の心臓は大分ダメージを受けている事が今日、循環器の担当医師の説明で判った。普通は一日12万回動く心臓が、7万回と6割しか稼働していなく、一分間で4分間心臓が止まっていて、勿論脈拍も少ない。主治医は「すぐ入院した方が良い」と言う、父も私も直ぐに「お願いします」と決定した。
ペースメーカーの埋め込み手術も、多くのリスクを抱え1万分の1で、事故が起こる確率を秘めている。父は交通事故で入院した事はあるが、自分の身体の事で入院は初めだ。丈夫な体を持つ剣道5段錬士です。「こんな事は初めてだからゆっくりできる」と、ベットで横になりながら話す。2週間ぐらいの予定だが、決して命には問題がないとも言えない。何せ90歳の高齢であり、被災の長年の生活異変を口にする。
日赤の担当の先生は又素晴らしい人にあたった。うるさいおしゃべりの父親の話に嫌な顔もせず耳を傾けてくれる。看護師も5月の私の入院と科は違えど、優しい対応と凛々しい対応に、理想の看護師・医師の姿を見た。
被災の町「南三陸町」に戻り、その風景を見ると「何時になったら」と思い、観光支援者とて、こんな感情を持つときが来る。行政には自活の道を考えて欲しい。日本も県も「観光立町」を声高に言うが、社会保障もままならない国に、観光客とてこの生活の現実に、貧しい他国の事を思う気がする。そんな時代が来る前に「町の事は町で」と言いたい。

スポンサーサイト

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:08 】


TOP