FC2ブログ

ARCHIVE - 2013年06月

2013
06/10

戻らない昨日の一日


「悔いの無いように!」は私が子供達、そして自分に言う言葉です。中学三年時代の中体連で、最初で最後の中学最後の個人戦、緊張で「一回戦敗退」は自分の生きる厳しさを知る原点で、自分の力が発揮できなかった事で、現在の私の事に臨む時の生き方にある。出きる事は全て事前におこない、自分の許される限りの努力する。10年前になるか中学の指導の立場があり、その中での大会では子供たちに納得のいく指導により、結果と子供達も満足できる試合ができたと思う。被災を受けての体育大会は環境は元より、精神的にも厳しい中で、生徒も指導者も満足できる練習ができない状況で、大会に臨んでいる。今年も団体は確か「歌津中男女優勝」となったようだ。地域の指導者・父母そして生徒が厳しい環境でも、練習や剣道一筋の取組で目標の第一段階の、気仙沼・本吉地区大会での県代表となった。「おめでとう」「頑張った」と労いの言葉を送りたい。
昨日は午前の剣道大会見学と、個午後に洗濯とクリーニング出し、同僚との打ち合わせなど、今日の仕事の段取りの合間にする。何人かの「退院したの」の電話もあった。一般質問は今回は「戸倉地区の再生は」と題して、被災地地区の七つの問題について、町の考え方を正したい。また、志津川市街地でこれから始まる、高台造成と被災地の嵩上げについて、「市街地の再生」の2題について行政に聞く。
戸倉荒町でも昨年はコメ作りをしたが、津波被害と関係なく「休耕田」となったと言う。この地区ならず被災しない登米市でも、遊休農地が多く三陸道から見られる。安倍総理の「農家所得倍増」を10年でと言う。「150万円」国民所得を上げると言う。これは全てではなく、今後国民前所得の増加が見込められ全国平均である。南三陸町の町民所得でもなく、その恩恵は町にはない。しかし、「復興特需」に沸く業種は、津波以前以上の所得となっているだろう。
今日は報告書提出の会議がある。写真は朝4時の「袖浜漁港」です。
スポンサーサイト

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 06:55 】


TOP