FC2ブログ

ARCHIVE - 2013年05月

2013
05/04

三陸道ばかりに見うる復旧


昨日の南三陸町の志津川仮設商店街の賑わいをテレビのヘリコプターで紹介していた。米山の志津川公立病院の様子伺いの帰りに、車の渋滞を見る。駐車場は既存の用意された場所では対応できないようで、県の庁舎のあった解体空き地は、商店街への来場者のいっぱいの車で埋め尽くされていた。私の中型スーパーの為に、県の土地の提供の考えは行政にはなかった理由がここにある。仙台・宮城デスティネーションキャンペーンは6月までで、これで数年間にわたる開催は終了すると聞く。
河川堤防の整備はボーリングの地質調査も終わり、この場所は大々的に道路の嵩上げも含め変化を今後遂げて行く。浸水した低地部を通らずに済む、「高台横断道路」は西地区の変化があっても、絶対必要な生活道路・避難道路として、生活地と病院・行政・学校を結ぶ。
写真は町からアリーナに向かう「磯の沢」地区に、現在工事が進む「三陸道」の高架橋の工事現場です。町の復興の姿が見えない中で、国・県の工事はどんどん前に進んでいるのに、国の言う被災地の「早期復興」は、被災者優先ではなく行政に丸投げし、資金を提供するだけのように感じる。後は行政の復興へのやる気で、被災した自治体のトップの考えで、復興の形・スピードは違うと思う。
CIMG2691.jpg
病院から帰って倉庫の片付けをした。写真は今まで歩んで来た「夢の跡」です。活版印刷からオフセット印刷への変遷の中で、必要と無くなった「活字」を私は思いが強く捨てられないでいた。しかし、今後の限られた時間の生活があり、現在、多くの思い出を捨てる事をしている。自分の事は全て自分で片付けて行く事を加速している。
90歳の父親と互いに身体を心配しながら、重い活字を片付けた。父のぎっくり腰を労わるつもりが、朝から自分の腰に痛みを感じている。
スポンサーサイト

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:42 】


TOP