FC2ブログ

ARCHIVE - 2013年02月

2013
02/18

何だろう


サンポート跡地に積まれている物が何なのか伝えたいと、毎日ここを通るたびに考えていたが、実行できなくていた。山から切り出された杉の枝葉が木材と共に、ここなど一時置き場として各地区に置かれている。しかし、まだまだ町内の津波襲来の山裾には、「塩害杉」がある。24年度末には基礎瓦礫、大型建設物の解体撤去があり、25年には震災瓦礫の焼却も終了する。一年一年「復興計画」に添って町は生まれ変わりつつある。
広域消防に勤務し殉職された方をまた二人知る事となった昨日、身近な人への墓前には手を合わせたものの、「あの方も」と驚いている。また「生と死」の厳しき現実に、「人生の綾」的な終末の出来事を聞いた。2年目を迎えようとしているが、知らない事がまだいっぱいあるようだ。荒砥から戸倉在郷、廻舘から折立、塩入から戸中など、津波は志津川湾に入り時計と逆回りに回転し、南三陸町の海岸部に押し寄せて、私の知る方々そして多くの人を飲み込んだ。
東京から剣道の教え子は栃木出身の友だちと、我が町のボランティアに来た。町に来る前に「世界遺産」の平泉を観光にと教え子は案内し、南三陸町に私の所に付いたのは夜8時を回っていた。「観光」と一緒の「支援」でも、こうしてボランティアに来てくれるのは嬉しい。今は冬で寒いが温かくなると必ずボランティア支援者は増加する事は間違いない。この週末も50名くらいのボランティアさんが、センターに集まっている姿も見つけた。
今日は「住宅建設契約」と「住宅ローン申請」をする。年老いた両親のために大無理をして、旅立たせる「終の住家」を準備する。私のでもある。
スポンサーサイト

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 08:55 】


TOP