FC2ブログ

ARCHIVE - 2012年12月

2012
12/18


先週の12月の季節はずれの大雪の、戸倉西戸の西城魚店前の国道45号の道路です。道路沿いにあった住宅が全て無くなり、見通しが良い分スピードを上げ、交通量の少ない時間は多くの追い越しの車もうかがえる。
先ごろにタクシーに乗った折の、最近の交通事情を聴いた。事故は被災前より多い事は聴いていたが、オバーに言えば南三陸町内に「一日一件」の事故があると言っても過言ではない。昨日も来社したお客さんが、戸倉コンビニ手前で、事故があり怖かったと話す。写真の雪の日も、アリーナ交差点・戸倉向かい浜の海岸線でも、多重事故があったと言う。先週末も横山峠からの下りの荒町手前で、下りの車が逆のガードレールにぶつかり、救急車が来たりパートカーも来て、交通規制となり夕方の渋滞となった。町内のあちらこちらで道路のガードレールが破損し、ねじ曲がっているのを見かける。
現在「当たり屋」が県内で発生している。情報では大阪ナンバーで81件が確認されている。町内での発生は確認が無いと言うが、行政での防犯の予防活動は、発生してないなら周知はしないと言う。ナンバーも偽装で発覚は難しい。しかし、事故があったら「すぐに警察へ通報」、この実践で対策ができる。
知人が8月に東京からの若者の車との衝突事故、居眠り? 追い越し?の正面衝突は現在も打撲と、目には見えない体内での骨折に、通院や寒さでの痛みに苦しんでいた。「観光支援」は嬉しいが無理をしての運転や、被災地の通行は危険がいっぱいで、夜の通行は街灯も少なく、突然の段差もあり、凍結によるスリップも考えられ、スピードは控えめを励行してもらいたい。「観光支援」はバスツアーを進めたい。しかし、宿泊施設の確保は難しい事を言いたい。雪景色の三陸海岸の風景は美しく、ホテルの露天風呂からの雪と志津川湾、タイミングが良ければ水平線からの「日の出」も年明け頃から角度により見られる。
昨日は納税に町民税務課に金額を確認に行く。町県民税が24万円超で、4期に分け6万2千円は、被災し全てを失った我が家にとっては大きすぎる。また、国民健康保険も減額となってはいるものの、9月以降の年末までの12万円の、総額20万円を支払いにいく。私の両親は健在で「高血圧」の薬や診療費の健康保険がかかっている。皆保険の日本にあり納税の義務は行使すべきの考えが、被災者であってもある。これは私が払える現状にある事が前提としてである。町の税収が現在4分の1で、6億ぐらいかと思う。足らない部分は国からの補助金で補っている。
選挙が終わり石破幹事長の行動に感服する。55歳で私より一つ下だった、選挙の告示に沖縄に入り、最後も沖縄に来たと言う。「自民への追い風はない」と言い切る。今、一番大事なのは「被災地」と「沖縄」と言う。そこで沖縄への力の入れ方は、地元の下地氏を落選に追いやった結果でも、行動に県民が動いた。今何をすべきかを、今後のために行動していると私は思う。こうした事前の行動が今後に繋がる。我が町はこうした危機感の欠如が見受けられる。
朝は4時に起き、5時にはもらった大根で「おでん」を作り、両親に準備し6時前には戸倉の営業所に来た。
スポンサーサイト

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:17 】


TOP