FC2ブログ

ARCHIVE - 2012年09月

2012
09/27

治水・利水


歌津地区に「払川ダム」が立派にできていた。入谷地区から「こもれびの道」を通り歌津払川地区に出かけた時に、その大きさに写真を撮った。震災が起こり1年6か月、何もない平時だったら町民の皆さんも、南三陸町に初めてできた大型ダム、見に行った事と思うが、現在そんな余裕は被災者住民にはない。今後飲料水としての取水も視野に入れ、台風などの山への豪雨などの治水も図る。現状を思うと歌津地区への70億ものダム建設、今後の津波防災の構築の必要性を思うと、複雑な心境だ。
昨日は志津川地区の「敬老会」があった。77歳以上の対象者1100人の内、300名が久しぶりに顔を合わせた。町内の100歳以上が12人で、5人が志津川地区におられる。間違いなく南三陸町は高齢化が進んでいた。
ボランティアの数は累計で6万人に及んだ。年度末で7億4500万円の義援金や、寄付金が2億8600万円あったと、行政報告で伝えられた。今もボランティア・義援金・寄付金は今でも全国・世界から支援は続いている。
今日は南三陸ホテル観洋で歌津地区の敬老会が開催される。志津川地区からの議員は志津川との、出席概念は震災において私にはあった。しかし、南三陸町は全町民「ひとつ」になり、共に今生かされている事に感謝し、喜び合い一歩づつ前に進んで行きたい。と会場で感じた。
スポンサーサイト

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 09:15 】


TOP