FC2ブログ

ARCHIVE - 2012年08月

2012
08/09


今朝1時に、夜中ですが目が覚め何時と時計に目をやる。今オリンピックは何をしているかとテレビのスイッチ、丁度女子レスリングを放送していた。これが私の最近の行動です。
小原の一回戦が始まる所だった。泥臭い戦いに経験の長さを感じ、心配のない戦いは安定感を感じた。自分の体重には階級がオリンピックになく、妹が結婚引退を機に、姉は引退・結婚からの逆のカムバックと言う。最初で最後のオリンピックで「金メダル」を獲得した。多くの応援と協力により取れたと話す。最大の応援は旦那さまだろう。
金の獲得には多くの苦悩と挫折があったと言う。こうした経験を経て人は精神的にも強くなり、人との協力や支援の有難さへの感謝が、スポーツマンとしての資質や、人間としての躾を内面に備える。
「君に言いたい、独りよがりと周りを利用し自分が上に立とうする事は何の意味もなく、仲間と協力し共に支えあい今を生きて行くことが大切です。一人だけで、人を踏み台にしての偽りの自分作りでは、周りが認める人間にはならない。」
私は多くのアスリートの話から、多くのスポーツマンシップ(精神)を学ぶ。君は何を聞き何を学んでいるのだろうか。余計な事だが私は君が心配でならない。たまに自分にも、こうした事を問いかけて、今を生きている。
伊調は期待どうりの活躍を見せ、当たり前のように「金メダル」を獲得した。けっして簡単ではない「金メダル三連覇」、彼女の人並以上の努力と練習に敬意を称したい。
卓球の「愛ちゃんは努力家」で、「石川選手は天才」と言う。私も努力家と自称する。人の倍練習をして挫折を味わい、やっと人並に今があるが、今も反省の繰り返しでもある。もう色々な面での成長は少ないだろうが、努力は今後も続けたい。
昨日も色々あったが、少し興奮した。真摯なき姿勢には誰にでも頭にくる。
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 08:28 】


TOP