FC2ブログ

ARCHIVE - 2012年07月

2012
07/23

お盆


歌津地区は志津川と違う動きが沢山あり、志津川に住んでいての状況では、起こっている事が掴めていないのが現実です。昨日は国道45号沿いから、歌中裏や樋ノ口・舘浜など、見る範囲では何も変わっていない。しかし、「升沢」の山の造成開発には、奥までは見渡せないが、未知の場所として今後発展の可能性を感じる。伊里前市街地が嵩上げやバック堤防・防波堤など、多くの防災施設の設置で、市街地の再建は難しい。升沢は津波は襲来したものの、歌津地区の繁華街となり得る場所は、ここしかないような気がする。
樋ノ口の造成を予定する場所は半年以上が経つのに、赤土がむき出しのままで、雨での赤土の流出が地域で問題ともなっている。町から遠くにある事が遅延の理由なのだろうか。
昨日は小学校・高校の金管やブラバンの地区大会が、登米市「水の里ホール」で開催され、知人の娘さんの伊里前小が県大会を出場決め、志津川高校も県への道を繋いだ。剣道の戸倉の教え子も今は音楽部で活躍している。人を思う心を持つ素直な優しい学生になっていた。三年生という現在、進学受験の道と聞くが高校三年生は一回しかなく、悔いのない高校生活にしてもらいたい。
現在まだまだ目の前には多くの壁があり、安易には乗り越えるのは難しいが、その達成には多くの人たちが「笑顔」がある。その喜びの顔を見るために頑張りたいが、独りよがりでない事を確認しながら、周囲の人たちから認められ支持されての行動をしていきたい。
今、「夏野菜」を多くの人たちからもらう。三人家族なので食卓に必要な量は限られ、無駄にならないように毎日、食べられるよう色々な料理で食べるようにしたい。だが、仕事場から帰ると家では何もしたくない。朝、五時前に起きたので冷蔵庫の残り物と、いただいた「キャベツ」を入り、煮物にして朝食として食べた。旬の野菜「美味しい」に決まっている。
今日は書類の整理とスポ少の事務処理と、年初めからの借金を支払う。私だけでなく被災地での残った商店の経営者は、普段の数倍の労力と時間を要する。何もできないでいる事の苦痛と、何かをする事は大変ながら、余計な事を考えずに仕事できるのは、前に進める気がし将来への希望がある。この部分をぜひ共有・共働したい。
今週は仙台に二回出かける。そして我が社にとっては大きい仕事と言える仕事の納品と、従業員への給料支払がある。来週の30・31日は東京に出張となり、追われる日はまだまだ続く。
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:56 】


TOP