FC2ブログ

ARCHIVE - 2012年05月

2012
05/17

土地


「福祉の里」に昨日は行ってみた。旧志中には大型バスが5台駐車していた。下の被災地には写真のように、200名以上のボランティアさんが、小さな瓦礫を一心不乱に拾い集める姿があった。この日は22℃まで気温が上がり、大変な作業に頭が下がる。
帰りに登校坂の途中の「さんさカフェ」に寄った。見た事のある方が二人、高校の避難所で避難者の支援代表として活躍していた人だった。現在はこの場所で支援者の方と共に、来町する支援者や被災者への軽食の販売をしていた。このお二人も被災者ながら、こうした活動も被災地には必要とされている。
今後は志津川市街地は6mのかさ上げと、線路が中央に見えるが、前は結構高いイメージだったものの、海面からのその低さに驚かされる。八幡川の手前は1mの記念公園の緑地帯として、再建が進められる。
三億上限の四分の三補助事業や二千万の二分の一、そして上限三百万などの補助事業も今月末で、24年度の一回目の、申請が締め切られる。100事業所以上が南三陸町商工会からの出願される。4000万円の計画でも、1000万・2000万と自分の資金ぐりもしないといけない。けっこうハードルは高く、申請者の多くは3000万円の施設・設備費と思うが、資金がないと申請も厳しい。
「我が社」も二年ぐらいには3000万円を目標に、商工団地の土地に工場を建設する目標で進めたい。今から二年後は住宅建設のラッシュと南三陸町はなる。商工団地も20年前で「5.5万」ながら、現在の土地購入価格は2倍とも言われる。担保設定も8割と考え、1200万円の担保価値、多くの皮残業が続く。
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 08:05 】


TOP