FC2ブログ

ARCHIVE - 2012年04月

2012
04/28

さくら4 高校


今、志中からの帰り道に寄り道し、「母校」志津川高校の桜の回廊を携帯で撮影したので紹介します。
入り口の校門からの学校まで200mに両脇に桜が咲いています(写真)。今がまさに満開で、お二人の方も写真撮影をしていました。今日は晴天ながら桜の花びらが日よけとなり、薄暗いながらピンクの桜に目を奪われます。ここ3日が見頃で、桜の花びらが風邪で、「ヒラヒラ」これも又綺麗です。
被災地支援のバスではここまでは厳しく、散歩コースとしても歩く価値を感じる。花の命は儚いが毎年の楽しみであり、津波から難を逃れた場所で、被災地も海からの景色を望む事ができる。
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 12:02 】

2012
04/28

さくら3


仮設商店街で懐かしいポスターを見つけた。上山八幡宮の工藤宮司さんの手書きの祭りの告知で、この時期は「西宮神社」「保呂羽神社」「八幡神社」「戸倉神社」「秋葉神社」「荒沢神社」など、当地方はでは春の大祭が真っ盛りとなる。神社には多くの春の花が咲き始まり、必ずと言って良い程、桜が咲き乱れている。
清水浜に「久須志神社」がある。この場所は清水浜漁村の奥まった国道沿いの、小高い山の途中に建立されてあり、「東日本大震災」の大津波でも多くの地区民がこの神社で助かっている。こないだ残った神社で氏子の役員数名で、宮司により祈祷を行った。神社・寺院は地域の守り神であり、より所として地域民を守り、地域・町の繁栄の基礎ともなっている気がする。
神社役員・氏子も小さい部落での運営で成り立っている。歌津伊里前の「三嶋神社」の大祭の復活が、神輿の寄贈により震災からの復興の願いを込め行われた。
今から志津川の中学校の剣道部を見に行く。陰から「そっと」でも、元気をもらって来たい。

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 10:10 】


TOP