FC2ブログ

ARCHIVE - 2012年04月

2012
04/25

築山


今月初めのボランティアさんたちの作業、「ありがとうございます」としか言えない。場所は左端に松原住宅がある。水尻川の下流域で民家があった場所も津波で流出し、土地は海底へと沈んでいる。高台移転の土地問題があるが、番地として土地台帳に存続しているので、買い取りとなる。当初は制限指定区域のみの買い取りだったが、高台移転を希望すれは土地の買い取りになった。しかし、場所により大きな土地価格の違いがある。詳しくは明日から市街地の説明会が開催される。
「築山」が今津波災害からの土地活用と避難場所として注目を浴びているという。仙台の内陸にも津波が工場敷地にまで達した。この自動車工場は「騒音対策」として「築山」をを造り、近所の住民や従業員がここに逃げ難を逃れたという。「築山」は日本庭園の造園の一つの工法だと言う。古来からの人間の知恵が、災害対策の一つになった。先人の知恵であり、過去の歴史に学ぶという事の実証がここにあった。
昨夜は商工会の「工業部会」の総会があり参加した。被災した事業者支援と、町の再建復興に部会でもあたり、早期の町づくりへの取り組みを誓った。また、剣道の取り組みへの恩師からの「指導助言」に、自分自身だけの指導の難しさと、共働での指導活動の必要性を教わった。
「南三陸町からの手紙」が町外ならず、町民の皆さんからも購入され読まれている。その「九死に一生」の姿に、「私たちも頑張り生きないと」との、「町づくりのために」と、その元気を与えているようだ。「わが社」もプロジェクトの一員ながら、「売って欲しい」との声は、事務局に伝えているが、現在すぐには無理のようだ。
連休前で仕事は焦らず、余裕をもって稼働している。昨日も仕事ないですかと聞かれた。9月からの医療費・税制の免除解除による、生活資金の増加への不安がここにある。
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 06:34 】


TOP