FC2ブログ

ARCHIVE - 2012年03月

2012
03/24

春遠く

120324_061313[1]
今日の朝、まさかの大雪信じられない光景が一面に広がっていた。タイヤ交換をしなくて良かった。今日の雪は水分を含みすでに道路は「ビチャビチャ」状態、カーブは滑る気もする。朝、テレビはこの雪のせいか、商工団地の倉庫の「我が家」はNHKしか映らなかった。
写真は東山公園で、南三陸町の「避難場所」と「桜の名所」です。開花は宮城県は4月15日の予想だと思った。大災害がこの町とこの場所にも押し寄せたが、昨連も被災後は綺麗に桜が満開となった。私も風景を伝えようと、昨年も桜と被災地を写しブログで紹介したが、桜のピンクの満開はいくらか心を癒してくれた。しかし、今は一年たっても現状復帰のむずかしさと、その被災の南三陸町の広さがある。
昨夜二件の電話が8時30分ごろ入る。この時間は私もすでに睡眠モードと、電話が来る事は決してない。東京と福岡からで、父の友人からだった。常々多くの支援物資を送ってくれる。この恩返しに「千葉のり店」さんから、美味しい焼き海苔を送っての感謝の連絡だった。この時間両親は就寝中で、いつも私がその御礼で話をする。「何か必要な物あったら言って下さい」「ご両親を大切にしてください」が最後の言葉である。私も二人の友人以上の気づかいに涙がでる。「もう大丈夫です」と話はするが、人とのつながりがここにある、被災後に強くなった方と、疎遠になつた方がいる。皆大変なんです。父の友達は「花が咲くと心も少しは癒えますかね」と、春のおと連れがあり暖かくなればとも話す。
南三陸町から町外に移り住む方に、情報端末を配るという。町の情報の遅れをこれでカバーするという。1500戸を対象に「300戸」からすでに申し込を受けている。他の自治体は前に「南三陸町」より進んでいるように思うのは自分だけなのか?。学校も終業式を昨日に終え、新たな学期に家庭は準備に取り掛かる。
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:19 】


TOP