FC2ブログ

ARCHIVE - 2012年02月

2012
02/28

携行

120227_114930[1]
またショック。日曜の葬儀で歌津の剣道親の会の以前の会長、中学生の剣道全国大会への大きな夢に、子供たちと共に熱血指導協力したいた。しかし、今回の大震災で弟とその子供を亡くした。志津川のまさかここまでという、内陸地に家はあったのに、確かに人の想定を上回る津波来襲だった。南三陸町歌津の剣道の発展途上の中で、この大震災は少なからず子供たちの「夢への道」を、普通の活動から、環境・精神とも厳しいものとした。しかし、この子供たちの剣道への情熱は消える事はなく、町・地域で環境の整備維持に取り組んで欲しい。最近は知りえなかった町民の更なる死の情報に、南三陸町への将来への不安は募るばかりだ。
今日も寒い朝で、昨日の郵便配達のバイクには「チェーン」がまかれていた。平地の国道は除雪により、雪はないが一歩道に入ると、「バリバリ」と氷に化した雪道がある。現在「郵便局」は我が家の倉庫の下にある。しかし、昔のような活気はこの場所にはない。何故なら町民が町から減った事に他ならない。
昨日は「豊楽食堂」で晩御飯を食べた。おばあさん店主と東京の「孫」との、二人三脚で元気あふれる店となっていた。娘さんの同級生・仲間らしき集まりが、土・日のオープンイベントの落ち着いた、昨夜集まっていたのだろうか。「昔なつかしき焼きそば」、大災害後も健在だった。同級生の母親同様に。今夜は何処にいこうか。
私の忘れがちな頭の現在、携行必需品が四点ある。腕時計・携帯・財布・車につく多くのカギである。何が欠けても生活・行動に不安と問題の支障をきたす。朝自宅を出かける前にポケットを確認する。
今日のニュースでは、東京マラソで藤原が歴代7位のタイムで優勝、フリーターで3位が200万、2位だと400万という気持ちで、ゴール直前に外国人を抜いた。公務員ランナー「川内」は、応援の期待を裏切ったとして「誠意の丸刈り」となっていた。「エルピーダメモリー」、半導体の世界シェア3位の日本の会社である。企業破たんだという、低価格競争に敗れ、円高が最大の原因という。4480億円の負債で、すでに国300億、銀行1100億の支援を受けていての破たんと言う。枝野大臣は「国民の180億の負担が必要」という。大企業の破たんは自己責任だと思うが、雇用される従業員の人道支援でもある。関西電力が2530億円の赤字と言う。50%を原発に依存していた結果、原発の再稼働できず創業初の結果となった。東電が26円・東北電力が17円、家庭電力値上げとなる。
大学就職率の上位をしめていた、電力・半導体・電気会社の、経営不振は「円高」が最大の要因ながら、世界の異変の想定を見通した柔軟な経営体系が今求められる。人の財産で自分に仕事を発注できたら、なんて楽だと思う。

スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:41 】


TOP