FC2ブログ

ARCHIVE - 2012年01月

2012
01/19

コンパクト都市

120119_070908[1]
課長が「コンパクトシティー」になるだろう! 言う。人口の減少が進む中での発言だろう。仮設生活者が住んでいる所に戻りたいが「17.7%」とアンケート調査が出て、まだ決めていない人が28%ある。大震災はこの南三陸町からまだまだ町民を奪っていく。
コンパクな住みやすい町づくりが、今後考えられる。現在の商工団地とアリーナ・仮庁舎は、間違いなく高台にあり、周辺は大きな土地がある。ここへの中心都市の集約も一つの案かと思う。合併時の新庁舎建設は約束ではここにだったのに、選ばれた建設審議委員は「建設ノー」をだした。最初それを決めたのは互いの自治体の長だったはずなのに、その約束を無効にした責任はと問いたい。そしてその結果の現実を問いただしたが・・・。
商工団地の町での土地販売価格は「一坪5万5千円」だった。今はその倍でも多くの人たちは土地の取得を希望する。そんな状況下で入り口の4つある大きな土地に、医療個人病院が建設され、多くの町民はこの開発を大歓迎している。町の医療機関の充実は、高台移転の欠かすことのできない環境の一つです。
4つの土地に被災前は、電気部品会社だけだったが、今はコンビニができ塾が建ち、歯科・薬局・内科医が建設され、今後は整骨院と設計会社が建つとも聞く。この地内には、コンビニがもう一つとスーパーが3軒あり、今マンションとアパートが建設中です。土地提供計画する共同住宅が現実となると、この「沼田地区」が南三陸町の中心になる事は間違いがないと思う。
朝仲間が「おめもゴルフ場跡地の高台移転賛成なんだなー」と言ってきた。昨日のメディアのインタビーが執行部側を擁護する発言になっていたという。行政の土地取得問題はまだあり、行政の不透明なつながりが見え隠れするこの問題は、まだまだ続いている。一方的なメディアの発信に、対策をしないといけないと思った。「正直は馬鹿をみる」とはこの事がと感じた。

スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 09:05 】


TOP