FC2ブログ

ARCHIVE - 2012年01月

2012
01/04

仕事始め

120104_075844[1]
今日から官公庁の「仕事始め」となるが、建設会社はまだ休みで、建設重機も志津川駅の線路上で、お正月休みで並んでいた(写真)。組合関係は今日からの気がする。我が社は今日から動いてはいるものの、仕事の動きは見えてこない、これが被災地の現実です。今日は「ハローワーク」に求人をだしたい。休職の従業員も今日から正規雇用をする。まさに会社の復興元年と位置づけた。
昨日までの初売りも町内は無かった気がするが、歌津の「伊里前福幸商店街」は初売りをしたという。志津川の町は正月静かだった。商工団地には電話会社の「初売り」の看板が一つあった。昨年中に「志津川名店街」としての仮設商店も予定どうり建設が進めば、一つの町の活気と賑わいになったはずだった。
昨年の29日の「三陸新報」に南三陸町の人事異動が発表になり、今日から新しい体制で行政も「復興元年」としてスタートする。60から70名の職員不足が、いつ改善されるかで「復興都市計画」も早まるが、多くの難題を「我が町」は抱え、予定どうり進んでいないのが現実です。
今月は東京からのボランティアさんが来る。芸術家で町での有効活動を考え昨夜は眠れなかった。また、昨夕は京都からロジャーが電話をくれた。フランスの放送クルーで、5月に引き続き追跡取材で、被災地の医療の状況を取材したいという。この今の「南三陸町」の実態をどう伝えたら良いものかと考え、また眠れなかった。多くの構想は一旦「夢うつつに」に消えてしまった。
今週は「勉強会」と「成人式」がある。とりあえず「やれる事」から一歩づつ進んで行こう。
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 09:34 】


TOP