FC2ブログ

ARCHIVE - 2011年12月

2011
12/19

ピンチをチャンスに

Afbeelding_12[1]
土曜日に突然、同級生の妹さんから電話があった。「私の知人の娘さんのボランティア受け入れ支援お願いします」との内容だった。
現在寒くなりボランティアの数が減少していると言う。ボランティアの作業も減ったと思っていたが、被災地の現実は見ての通りまだまだです。
今、被災地の子供たちの「学力低下」が問題となっている。精神的な事・教育環境などなど、色々な障害が勉強不足による学力低下の原因となっている。
そんな折の紹介のボランティアさんの方は、オランダで芸術に取り組んでいる。その作品の一つを写真で紹介します。私もその作品の大きさに驚くし、本格的な芸術家と実感した。今回、被災地支援というが「教育支援」もしたいという。多くのボランティアさんの受け入れを町はしている。こうした人たちの活用もできる。
南三陸町の子供たちに世界で頑張る若い芸術家の話は、知りえない学習の意義と学力の必要性を知る良いチャンスともなる。教育の枠と規約に縛られる環境があるとも聞く。進んで受け入れることにより、子供たちの学力向上に繋がればと思う。すべてがトップの決断・判断次第です。
今日も公用、気を引き締め向かう。
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 08:33 】


TOP