FC2ブログ

ARCHIVE - 2011年11月

2011
11/12

選挙最終日

111112_071036[1]
今日の志津川市街地の風景と、遠くには「保呂羽山」が見える。今日の朝日はいつになく眩し過ぎるぐらいに、被災地を照らしていた。そんな中で朝の7時には「ガー」と音をたて、仕事が始まっていた。写真では「明と暗」の差が判らなく、現地の長く厳しい過酷な現実は伝わらないだろう。
昨日は茨城県伊那市から戸倉荒町出身の方が、伊那市のイベントでぜひ南三陸町の産品を、被災者支援の一環で販売したいと、来町し「カネ久海産」さんを紹介した。また、伊那市の教員委員会での「本寄贈」の話仲介を承諾した。南三陸町出身の多くの支援に感謝・感謝です。
選挙が今日が最終日で、地元で最後の舌戦となるが、住民が仮設での生活へと散らばり、南三陸町内での選挙の立会演説は皆無で、報道・新聞での情報も被災者には、見聞きする時間もない。県内の期日前投票は前回の2倍で、選挙への関心は高いというが、県議選に関しては低いのが通例です。議員が県民のため・地元のためにどれくらい、議員活動する人かを見極め投票したい。
現在も町の防災センター前で「記念撮影?」の光景を見る。ここで沢山の職員が無く亡くなっている事を忘れてはいけない。昨日は町内に中学生の被災地への「視察研修旅行?」の一行を歌津で見つけた。地元の「語りべ」の方が同行し、自然の驚異の現場をこの子供たちはどう思っただろう。人生での自然の猛威教訓を決して忘れないようにと、思う。未だに被災地での「立ち小便」、私には信じがたい光景と映る。
伊里前小の運動会が今日、野球場で開催される、晴天となつた事が嬉しく、名足小も被災し伊里前小に同居し、今日は一緒に有働会だと聞いた。こども達、この今を大切に。

スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 09:02 】


TOP