FC2ブログ

ARCHIVE - 2011年10月

2011
10/19

早期救助救済

111014_055924[1]
この写真は黒崎パーキングの下にある船の残骸です。震災後に多くの船が津波により陸地に打ち上げられた中で、沖へ船を避難させた漁民の皆さんの声を聴く。3時過ぎの津波襲来があり、漁民は大切な船を守ろうと、沖に船を走らせた。この日の夜半は冷え込みと雪もあり、アンカー錨で船を沖に停泊させ、小舟で陸に上がったと漁民はいっている。そのあとで津波に流され多くの船が海岸線に打ち上げられた。そんな船が黒崎パーキング下に、少なくても3隻は被災後に私は確認した。救出も試みたが一旦断念し、以後の嵐で船は損傷していった。最後の船も台風15号の海の大荒れで、残った船が全て写真のようになつてしまった。購入すれば3千万円もの船、早い救出が出来なかったのか、と思うばかりである。
国際的な俳優の「渡辺謙」さんが、被災者支援にメッセージを送った。この災害を「忘れない事」を第一に上げていた。そして「絆311」のブログで世界に救済を求めている。私も今一番に思う行動は「当時の大震災を忘れない事」「被災地を見続ける事」そして「ここに生き続ける事」だ。多くの友にこの3つの言葉を叫んでいる。
昨日「南方仮設」に行った。この日の河北新聞が一人の孤独な老人の「姿と声」を報じていた。これを見た私の同級生の父親が、新聞を見てその方に直ぐに会いに行き、話を聞きにいったという。近くに困っている同じ境遇の方に手を差し伸べる。行政が手の回らない所を手助けしている行動、本当に頭が下がった。今日の朝の冷え込みがあり、今後も厳しい寒さに向かう。こたつ・ストーブ・毛布など、寒さ対策の物資支援があるが、動くことの大変なできない高齢者への対策を密にしてほしい。と行政には叫びたい。
スポンサーサイト

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:52 】


TOP