FC2ブログ

ARCHIVE - 2011年10月

2011
10/11

日曜日


一昨日の日曜日は街中の瓦礫の処理作業はストップとなる。今後も続く建設業の瓦礫処理、労働者の疲労を考え、日曜は作業を休みにしているみたいだ。
アリーナ入り口は右が医療関係者の建設が本格稼働し、左には各種金融機関と携帯会社が仮設建設、稼働をしている。その場所には警察仮設署もでき、町の治安と町民の安全を見張る。また法律相談所もできテレビで放送がされていた。
その相談内容は、町内の有名食事店の「二重ローン」だった。6千万円のローンが2千万残り返済に苦慮していた。相談では政府の救済策もなく、今はなんとか支払っていくしかないと、弁護士の相談説明だった。もう一つは、主人の「弔慰金」の受け取りで、義理の妹が弔慰金を受け取り、全て使ってしまい、妻が弔慰金を取れるのかと言う。弁護士は取れるというが複雑な問題でもある。もう一つは流失した自分の土地に「瓦礫」がおかれ、土地がどうなるかが心配だという。多くの問題がこの町には起こっていて、その大部分が高齢者が係っている。
朝、昨年のように「米」買ってくれませんかと、友人からの電話があった。支援の米がまだ残っている。縁故米の処理に農家が頭を痛めている。農協の買い取り価格は、玄米30キロ6千円だ、知人に売る価格は8千円ぐらいと、多くの手取りとなる。すべての町民の「大苦悩」の中にある、南三陸町です。
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 09:12 】


TOP