FC2ブログ

ARCHIVE - 2011年09月

2011
09/20

新たな出発

110918_065714[1]
仲間が震災で、0から、マイナスからのスタートの場所がここだ。私もそうだが以前に比べれば、あまりにも小さな細やかな出発と言えるが、今はとりあえず仕事ができる喜びを共に感じたい。
今日は悲しい話からしたい。「京極」さんは南三陸町でも老舗の蕎麦屋さんで、震災まで3代目が頑張っていた。この震災で「迅速な配達」をモツトーに有名だった、2代目のご主人が津波で亡くなった。店を守るため家にとどまり被災した。本浜の佐良工務店社長の同級生で、私も可愛がってもらつたが、震災で震災後に病気で二人は亡くなられた。町に町長に物申す方が、数多く亡くなった気がする。しかし、人づての話、万が一を願いたい。
その反面、入谷に「菅原そば」さんの看板を目にする。町の中央の交差点にあった「石港庵」さんの、味を引き継ぐお店だという。石港庵の娘さんの息子さんが、東京での修行を終え、震災後に入谷に店を開いた。先々代の味を引き継ぎおいしいと、うわさが広まっている。ぜひ今度食べに行きたい。
今日、11時の議会の休憩時間に、仮庁舎の中央で雨の中何かを計測していた。この今といえば「放射能」だろう。測定結果は0.1シーベルトだった。平時は0.04位だというが、課長に聞くとこの値は、世界の普通の標準値だという。一年間浴びとも問題ない数字ですよ、と。
地元の新米も昨日食べた、風評の怖さを海の「かき」でも、南三陸町は経験済みであり、南三陸町の米も測定結果は「安全」ときいた。風評被害を体験した町でもある。
スポンサーサイト

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 18:23 】


TOP