FC2ブログ

ARCHIVE - 2011年09月

2011
09/06

自然との共生

110829_115816[1]
昨日は町の仕事を混乱の中で納品できた。中身の変更が重なったものの、職員の日曜出勤の努力のもと、年間で一番大きい仕事ながら、会社・整備・自宅が全壊消失した中で、5か月間で外注なしで、設備の再構築をし仕事できたこと、多くの協力・支援者に感謝です。印刷業は現在行政の仕事しかないのが現実で、何とか食いつなげていた。個人事業所の復活無くして、町の復興はない。
写真はわが社の牧草地・牛舎に立ち上げた会社の中にいる「コオロギ」、機械工場に行くとあちこちで「コロコロ」と私を迎えてくれる。別に気にはならないが、商品の色紙が大好物であるようだ。仕事した印刷物を噛む、目の前で食事中である。秋、虫が活発に活動する季節になり、この可愛い虫たちとともに生き、生かされている。
先月末31日に葬儀があった。喪主は「一つの区切り」と葬儀告別式をあげる事を、遺体がまだ見つからない中で決意した。そして4日後にDNA鑑定で確認され見つかっ。、被災後の4月初め、黒崎パーキングの車のあった場所近くで発見され、この日に本人確認となった。家族の葬儀の決定後すぐの確認は、なんかつながりを感じる。
昨日の職員の家族からの「町長への質問状」、知人がテレビで「津波は1・2mと認識していた」と町長が発言していたと、ありえない発言に絶句した。
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 09:14 】


TOP