FC2ブログ

ARCHIVE - 2011年09月

2011
09/02

うたちゃん橋


3月18日のまだ伊里前市街地が瓦礫に覆われているころの写真です。まだ瓦礫撤去の重機も入っていない、うたちゃん橋には瓦礫が残り、伊里前川の護岸には小学生の「ごまふあざらし」の、色鮮やかな児童の書いた絵が、津波にも負けずしっかりと残っている。
伊里前大橋からの撮った写真です。伊里前大橋は再建は困難と、国土交通省の方が話していた。伊里前の市街地を通る国道45号線は若干の道路変更はあるが、今の道路をかさ上げし活用するという。
歌津地区は町の集団移転も提案されていて、その場所が三陸道と絡み今後の進捗を住民は、注視し新たな町づくりの方向性を早く示してほしいと、行政に訴えている。
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 18:31 】

2011
09/02

運動会

110815_060634[1]
今度の土曜日に「志津川中学校大運動会」が開催される予定ながら、天気が悪い。毎年の運動会順延が志中の通例ながら、今年はグランドでのびのび走りまわる事を願うしかない。
写真は本浜町にあった「さかなのみうら」さん。被災後は支援ボランティアとともに、自分が被災者でありながら、被災者支援に活動した。そして、やっと自分の店の復活に動きだした。
この場所は「花のバイキング」の芳賀さんが、菊やいちごの販売をしていたが、今回の津波で店に津波が押し寄せ建物は残ったが全壊となった。曲り角ながら45号線で、多くの通行者がある。三浦さんは「よみがえれ故郷・ふんばれ南三陸町」と町の復興があり、店の繁栄があるような、考えの主人のように見える。
昨日同級生の漁業に頑張る仲間から電話が入った。今回の議会で採決にならなかった、漁港の整備予算、何とか早く可決して漁業の再開を進めてほしいだった。漁港の地盤沈下の改善工事の漁港かさ上げは、待ったなしだという。私も同感であり、行政の説明不足や不透明の部分のある議案とは別に、整備予算の議案通過は一日も早くが欠かせない。

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 08:23 】


TOP