FC2ブログ

ARCHIVE - 2011年08月

2011
08/29

平磯地区


袖浜から荒砥に向かう途中にあるのが、平磯・深田地区です。入り江の小さな漁村で、砂浜では季節に合わせ、昔は廃校になった「荒砥小学校」の児童による地引網がおこなわれた、静かな磯だった。
入り江の平地には民家が密集して立っていたが、写真のように見る影もない、奥地の水田まで津波が達し、昔の面影が見つからなく、跡形もない。正面のカーブに同級生の家があったが、家の形はあるものの全壊で、父親が不明とも聞く、建築して10年あまりで、まだローンがと心配している。
被災して間もないころの風景、同級生は見るのも嫌だというが、これが現実です。互いに一歩づつ前進したい。
スポンサーサイト

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 17:16 】

2011
08/29

全国からの支援


昨日は台湾仏教協会の義捐金の受け取りに4時までということで、3時すぎに出かけた。アリーナ内には行列ができ、聞くところによると7時半に行列が始まった。9時に受け付けで午前中は2時間を受領まで要した。
しかし、家の流失者に一人家庭は3万円、3人まで5万、5人以上には7万円の義捐金は、感謝・感謝である。会場には志津川地区の町民が大勢集まり、しばらくぶりの顔合わせの人と、近況を語り合えた。
写真は、スポーツ少年団への支援の手ぬぐいです。佐賀県の唐津刀道館初代館長、林貞男氏の名前があった。数は100枚をこえる。また、千葉県の船橋市の剣道会の村上さんよりの、多くの剣道用品が多数届いた。少年剣士への支援に大感謝である。どうして恩返しをと話すと「そんなことは気にしないでください」と、諭された。
キッズナル公式サイト
http://kidsnal.net/
上記のアドレスは、被災地の子供たちのスポーツの取り組みを伝える、活動です。子供たちの心の状況を伝え、頑張る姿を伝える、多くの意味がある。ぜひネットをひらいてみてほしい。


【 未分類 | CO:0 | TB:× | 08:53 】


TOP