FC2ブログ

ARCHIVE - 2011年08月

2011
08/28

市場は残ったが


無残な姿になった「南三陸町卸売市場」です。鉄骨は残ったが天井の屋根はバラバラになり、たれさがっている風景が、原爆が落ちた以上の力をものがたる。福島原発の被災での放射能は、広島の原発の160倍以上という。市場には大型漁船が横向きのころがったていた。
今日は南三陸町アリーナにおいて福興市が開催され18000千人の来客を見込む、今回から一店の商店が参加紹介された。主人は知人でもあるが、南三陸町に早くかえってきたいという、今は利府町に住み、孫が生まれこの子のためにもまた頑張りたいと話す。南三陸町志津川の特産でもある「たこ」で復活を誓っていた。
誰かのために頑張りたい。私は子供たちのため、またかえってきてもらえる出身者のために、やれる事をがむしゃらに頑張りたい。
無理しなくていいんじゃない、と周りには言われる。「今頑張らないでいつに何をするのか」と、自分に言い聞かせている。
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 14:34 】


TOP