FC2ブログ

ARCHIVE - 2011年08月

2011
08/25

津波襲来の痕


11日の東日本大震災の地獄の風景です。
翌日不明の身内の捜索に街中を共に歩いた時に、山根の階段を登り南三陸町の市街地を望んだ、地獄の光景が広がる。まだ津波の痕跡が残り、泥まみれの町があった。
これがあのチリ地震津波からの復興をとげ、綺麗に生まれ変わった南三陸町「志津川」の街並みだったのか、本当に元のような「愛する郷土志津川」「わがふるさと」に戻れるのか、この姿からは絶望感のみだった。
あれから子供たちの学校に通学する姿に、子供たちの笑顔が少しみられ、一歩一歩復興に向け進んでいる。この子供たちのためにも、私たちを含めた大人が今頑張らないといけない。
今日は「南三陸町議会議員」が特別委員会で、行政・町長よりも先駆けて、政府に陳情に向かう。ほかの被災した自治体よりも、厳しい現状にある南三陸町、議会の積極的な行動ながら、結果が成果がこの活動で求められる。
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:1 | TB:× | 07:11 】


TOP