FC2ブログ

ARCHIVE - 2011年06月

2011
06/13

公共施設

2011-06-12 12.40.49
三ヶ月が過ぎ百か日の法要が町内のお寺でとりおこなわれている。日曜の昨日は同級生の町民税務課の勝倉くんの所へ、奥様が気がかりで出掛けた。突然の出向きに親戚の方が居られた、塔婆には彼に相応しい法名が書かれてあり、線香を上げさせてもらった。
昨日の河北新報には熊谷呉服店の社長夫婦の死亡不明の記事が掲載され、次男の方が兄弟の死と呉服店の再建に向かい、厳しい復興に瓦礫を見つめる姿が、写真に現れていた。
また、防災センターの残骸に花を千羽鶴を供える姿があり、明日も明後日も来ますと語っている事に、防災センターを見たくないと言う家族や両親の気持ちもあり、被災地の今後をどう後世に残すべきか?真剣に考えないといけない。写真は保険センターですが、建物には今だに流れた民家が乗り、大きな漁船が横たわり、志津川小学校の入口で、その前には鉄屑が山と積まれていた。
今日の被災地視察は細浦地区の地盤沈下の驚いた。そんな中で漁師の方が総出で、瓦礫の清掃をしていた。また、我が家にも雑用水ながら、蛇口から水が出た!普通なら当たり前ながら、この不思議な気持ちに感動です。
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 19:15 】


TOP