FC2ブログ

ARCHIVE - 2011年06月

2011
06/05

使命感

2011-06-04 16.15.41
毎日の母への社協よりの下の世話のヘルパーの訪問があり、朝6時と夕方4時の二回で、母の羞恥心と私のその姿を見る事の抵抗で、避難場所の倉庫から一時離れる。
行く所がなく荒町の仮の事務所まで出かける。ふと道路沿いの葬儀の立て看板を見つけた。30年来世話になった、消防署の方だった。被災し殉職され、亡くなれた事は聞いたが、今日だと言う事は偶然で、荒町に事務所を立ち上げた事で、葬儀に参列できた。震災後はお世話になった方々への恩返しに務めようと思っていた事が、また1つ実現できた事は、本当に偶然でした。
消防署では親戚の芳賀さん、今回の佐藤さんがいる。広域消防内では10名の死亡不明で、二人がまだ見つかっていないと、葬儀の弔辞で話ていた。私の知ってる二人は共に非番ながら、緊急時の対応で出動での不幸だった。佐藤消防隊長からは、今回の異常な津波を把握し、『十分注意せよ!』が出動部隊への、最後の伝達の放送で、これにより消防署出動部隊には被害がなかった。指揮管としての冷静沈着な判断指示が、消防隊長に必要であり、適切な判断が実を結んだ。
喪主の息子さんも父親が私の理想像で、厳しい中に多くの優しさを持った『父』と話していた。
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 10:28 】


TOP