FC2ブログ

ARCHIVE - 2011年05月

2011
05/08

議会で一緒だった!

2011-05-08 15.20.01
南三陸町議会の議会事務局長だった熊谷良雄がいる。地震発生時は議場でいっしょだった。事務局長としての職務に忠誠を尽くし、議会事務局を責任感で守り帰らぬ三一会の一人となった。
志津川高校時代は三年四組の進学組として、クラスメイトだったものの、私の生活の不規則により、一緒にいる時間はすくなかった。卒業後は東北学院大学で卒業後に役場職員として入り、議会事務局は長く議員からの信頼も深いが、新人の私には議員としての態度と姿勢に、同級生からか?厳しく指導を受けた。
志津川商業協同組合長だった兄も、今回の津波の犠牲になったと聞いた。
また、荒砥小学校だった同級生の女性も死亡した。私自身も把握していない所もある。これからと言う仲間の死は本人もさぞ悔しいだろう。彼の分まで南三陸町の為に、震災後生きる事を私は誓いました。小さい力ながら少しでも役に立てればと!
写真は三階建ての防災センターをのみ込む津波で、電波塔の上が町長でその下が副町長だと、佐藤町長が週刊紙で話している。
スポンサーサイト

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 16:47 】

2011
05/08

三一会仲間の死亡

今回の津波により三一会の役場の職員が三人殉職し、他の仲間も数名亡くなった。
勝倉正高は役場町民税務課長として、町の税収の根幹部にいて、財源全般で管理する立場で重要な立場にいた。決して立場におごる事なく、真摯に町民に向かっていた。中学時代は剣道に共に励み、県大会へも進み志津川中学校の為に頑張った。一緒に志津川高校にも通い彼は応援団に入り、スポーツに活動する生徒を応援した。
格好にこだわり背の小さいわりには、学ランが似合い彼が大きく私には見え、女性生徒にもモテた様に記憶する。
渡辺久美子は公立病院から老人ホームの介護をしていて、被災してしまった。地元にいて町外にいる仲間の連絡仲介役で、帰郷した友達の交流会などをセッティングをした。
阿部慶一は入谷中学校から志津川高校に進んだ彼、卒業後は役場にはいった。彼もまた剣道を志た!当日は危機管理室長の立場で、最後まで防災センターに残り殉職した。センターが高台にあったらと今になり思う。最後まで津波の現況を防災無線で町民に、避難路の適切な指示ができ、多くの人命を救う事が叶った気がする。自分の役目の全うに努めたものの、力ある多くの仲間の殉職に町の大きな損失を思う。その他にも南三陸町の職員が勤務中に被災している。

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 09:47 】


TOP