FC2ブログ

ARCHIVE - 2011年04月

2011
04/09

歌津地区

110408_125622.jpg

歌津伊里前は歌津大橋が町の上を通りストロー現象となり町の疲弊の中で、漁村の漁師魂の元、田束山つつじ祭、来い恋浜まつり、そして『しらうお祭』を新しく開催するなど、新たな歩みを始めところだった。
伊里前から寄木の方向を望んだ津波後の写真で歌津町の繁栄の姿は全て津波で一瞬にして瓦礫となった。街中の小山商店は基礎だけとなり、町の象徴だった歌津大橋は橋げたを残し橋が落下した。自動開閉の水門は捩曲げられ、大きな漁船が陸地に横たわり、鉄骨だけとなり津波当日のままの姿が一ヶ月たとうとする今変わらなくその光景がある。
昨日はアリーナの対策本部での『罹災証明』発行所で歌津道合剣道の佐藤親の会会長と会い、生存を固い握手で確認した。子供達のためにも南三陸町の少年剣道の復興を誓った。会長の三年後に復興からの優勝を目指すと言う。子供たちはもう剣道の素振りを初めていると語る。
行政、議会が先導し町民と共に子供たちの未来の南三陸町づくりにいち早く進むたい!
今日は大震災以来本格的な雨となり、炊きだし作業や取りに行く事も大変だが復旧や捜索活動が雨での障害となる。3月11日から明日で一ヶ月となる。仮設が後半年や今後を考えると長く『一歩づつ』進もうと思います。
スポンサーサイト

【 未分類 | CO:1 | TB:× | 13:16 】

2011
04/09

早期復興!

110403_151323.jpg

四月三日現在で警察署発表で396名死者612名不明、これは届出数で8719の避難者となり、五日で避難者数は8091名で、親戚や自分での近隣への避難で9500名の残った町民がライフラインが整うまで南三陸町を離れた事つなる。架設の建設がこれからで、五月末から隣の横山に59コの入居予定となる。架設入居が整うのは半年後と言うが、予定どうりかは確実ではない予想である。二年間の入居からの生活環境を図り、元に戻るまで何年かかるだろう?
私は罹災金再建資金の300万円の活用で、五軒十軒のコミニュティー集落の建設を模索している。十軒が資金を250万円を出せば2500万円で小さいながらもブライベートな避難場所が造れる。50万円は生活資金にあて、避難場所が国の支援金で形成できる。できれば商店の経済社会がなればと思う。
南三陸町の62バーセントが被災したなかで、入谷地区は2バーセントの罹災率で、志津川地区は恐くて住みたくないとこの地区で被災した町民は言う。
全てを加味しても写真の入谷中の町地区は最善と思う!農地を宅地には農地法があるが、この非常事態、あらゆる手を尽くし避難民のために避難場所の早期建築がある。
町は町民の自己の生活復興を考えるなら、この活動への積極的支援は当然だが、話しには消極的に映る。
町民の自立復興、社会経済の仕事の発生と、行政の町の再建と平行して町の再建を町全体で行う事で、町民の不安を取り除き明日への光となると思う。
避難町民の元気が毎日薄れていくように感じるのは私だけではない。全国からの支援に答えるために、早く元気な笑顔を南三陸町から発信して行きたい!

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 01:52 】


TOP