ARCHIVE - 2011年03月

2011
03/11

津波襲来


昨日の三陸沖地震の被害調査は未だと言う行政、半面、デジタル化となった無線関係の不備・故障が歌津地区であった。漁民からの有事の際の高額を掛けた行政の取り組みの事故に、地区出身の議員からは、税金の間違いない活用をと発言で、「新設置された不具合の器具は返すべき」と強い口調で、担当者に注文を付けた。国からの補助はあるものの多額の町民の「血税」を活用しての、行政の仕事!「防災の町」をアピールしている事を思うと、地震・津波対策への取り組みに欠ける。また、「新町舎」の耐震にも不安を感ずる議員も多いが、行政の「取り組む・努力する」との言葉に終始する町長の発言に、議員との活発なやり取りがあり、議場は緊迫の様相となった。議会議員の意識は確実に「改革!」への動きに向かう。「悪しき古き町政業態からの脱出」となる事と、3月に14人の退職者と4人の新職員による新体制での行政の刷新に、意識の改革に、町民全体を考える体制で臨んで欲しい。
 
 昨日の「津波襲来なし!」との漁民以外の町民の意識が強い。テレビでのワカメ養殖施設や牡蠣いかだの影響があり、知人は「海に行くのが怖い」という。漁師の多忙の次期、一日の間をあけ今から施設を見に行くと話していた。
 行政の津波の襲来状況説明に、65㎝の潮位上昇があったと報告された。大船渡の60㎝の一波目のテンビ情報があり、国の潮位観測点はこの辺は「鮎川」と言う。歌津地区の議員からの消防団の情報だと、131㎝の報告を受けたと言う。同僚の漁師をしている方より、「それは潮位の上下値」と説明を受けていた。そうだろう130㎝の津波なら、被害発生や目視でも津波を容易判断できる。「我が町」では第4波が最大の物だっと言う。テレビの「1波よりその後の波が大きくなる」との、情報は間違いがなく、引き波・寄せ波の相乗効果がここにあるのだろう。

 昨年の2月の津波・猛暑・爆弾低気圧の、「我が町」への度重なる自然気象災害は、漁民に大きな減収と施設修理の、更なる負担・苦悩があり、こうした状況に「漁師離れ」を懸念する。昨日の農林水産業費に議論が集中した。この部分に精通する議員の厚い追求に、「簡略に!」との委員長の言葉に、それぐらい厳しい現状況なんだ!と。議場での活発なやり取りは、今までに無い情景に危機感と共に「このままでは?」との気持ちの表れで、活発議論が随所に見える議会となってきた気がする。だいたい「1年半」がたった。

 「コント55号」の坂上二郎さんが脳梗塞で76歳で亡くなった。子どもの頃の「笑い」はここから始まった。欽ちゃんの悲しみは一言づつの思い出の言葉から感じた。土肥民主党議員が総ての役職を辞したが、議員は続けるという。政治倫理審査会議長の立場で、「竹島の領土」への軽視の発言、未熟な民主の党員の行動ばかりが目に付く。4期前後の議員の16年間の政治活動で何を学び身に付けたのだろう? 学習から実践の時期はとうに過ぎている。

 千葉の消防団員の放火があった。一月末から「100件発生」している。数件の自供をしていて「家庭の疲れやストレスからやった!」と言う。ストレスの発散・解消・対処ができないと、身体・意識に異常を発生する。皆さんは大丈夫ですか?

 
スポンサーサイト

【 未分類 | CO:9 | TB:× | 06:36 】

2011
03/10

防災意識強固


議会中の11時45分に地震が発生した。「三陸沖地震」で5弱のM7.3で、南三陸町はテレビの報道では「震度4」のオレンジ色で示されていたが、体感は長くもっと強く感じた。
 「長周期震動」と言う、東京都庁のエレベーターが40基も止まった。今6時23分に余震と思う地震が発生した。震度2くらいかと思う。1分後もおさまったと思ったら又強くなった。テレビでの震度は初めは「3」で又起こり「4」と表示された。長い時間の揺れが今回の特徴だと思う。初震から昨日で余震が「1」以上で15回も発生した。夜中にも「3」の地震で目覚めたが、「宮城県沖地震」とは質が違うと言う。
 「我が町」の訓練の賜か、地震への動きは早く、「水門閉鎖」「陸門閉鎖」は発生して5分ぐらいだった気がする。八幡川の水門には潮干狩りの町民がいて、安全確認をしてからの閉鎖を行う。近隣の人が「地震だ!津波注意報が出たから上がれ!」と、海岸にいた人に注意を促していたのが目に付いた。旧志津川市場では養殖の準備をしていた漁民が、放潮堤の内側に物資を移動していた。他の陸門は地区民と漁民が手早く閉じていた。昔の陸門から軽いアルミ材への陸門の整備も、迅速開閉の津波対策である。
 津波注意報の発令は50㎝を青森から福島に、震源地に近い地域に予想した。結果、0時16分に大船渡で60㎝の津波を観測し、引き潮も数10㎝観測した。近隣のかきの「養殖いかだ」がまた壊れた。昨年2月の津波のように、海底での津波の動き力が大きく影響する。被害となった漁民の歪む顔が、現実の厳しさを表していた。
 やはり津波非難は少ない気がする。「なれ」があり、この位の揺れなら大丈夫がある。津波から50年となり町の防災意識の高まりと別に、住民の高齢化があり、津波を知らない若者世代が津波の怖さを知らない事が、非難意識の低下に繋がっている。

 国の借金が940兆で、国民の預金が1400兆あると、夜中3時の番組があり虚ろにメモった。まだ、借金より国民の内部留保?があり、日本の国は大丈夫という。ヨーロッパの「20%」の消費税で、未だ日本は「5%」で余裕があると経済学者は言う。国の借金と国民の預金が同じになるのは、このままで行くと「2020年」だと言う。すぐそこである!本当に日本は大丈夫なのだろうか?

 国を代表かる人間の「軽率発言」が今沢山あり、発言する事で政府への風当たりが強くなる、こうした事への危機感のない人間が今多い。米国次官補の「沖縄人はゆすりの名人」、総理側近の日本の国会議員の「竹島領土の主張を辞めるべき」との書類書名があった。日本固有の領土と言われ政府の主張をどう考え、北方領土や尖閣諸島など、日本の国土の侵害がある中での、余りにも軽率な行動・発信に情けないと感じた。

 福島会津若松で78歳の運転する車が、スーパーに突っ込み5人が怪我をした。「アクセルとブレーキを間違えた」といつもの言葉が返ってくる。自分が買い物に行かないといけない、今の社会の状況が事故の原因と思う。我が家の台所を守る父に「自転車に気を付けて!」とか言えない自分がある。

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:19 】

2011
03/09

町・政が良く見える


交付税なしには成り立たない町の状況があり、人口減・商店減少・収入減の中で、健康保険税・固定資産税などの税率のアップが「我が町」にある。半面、商工・観光に力を傾注する現町長の政策体系があり、これで町民への不安解消・生活向上となるか?と言うと難しい気がする。
 地方分権と言ってもまだまだ先の話しで、政府の改革への取り組みも鈍化し、今日のテレビだと参議院で「子ども手当て法案」が通らない、との場合も想定され、「改革案」が安住国対委員長から発せられ、児童手当への制度の後戻りなどの可能性も示唆された。それはないだろう! 「赤字国債発行法案」の成立のため、公明党との連立での法案成立を目指すとの憶測もある。主権維持の為の方向性、党としてのこのブレとゴタゴタに、国民の支持を得れない事になっている。4月からの地方選挙があり、これでは「民主党議員」への支持の低下にしかならない。
 昨日も町では「子ども手当て」が計上され、高校は今日の受験らしいが、「入学の手引き」には授業料は明記されず、「高校無料化」の国の政策案で社会は動いている。3月は全国自治体の当初予算への議会審議があり、この決定で一年間町は動く、こんな国の定まらない審議で、自治体では再度「補正予算」が組まれ、家庭での子ども教育への不安が募るばかりだ。

 子宮けいガンワクチンが不足と言い、ヒブ・球菌の混合ワクチンで5人の乳幼児が死亡した。厚生省は死亡に関して、「先天性心疾患」「呼吸不全」による、乳幼児突然症候群という。接種を控えると言うが、死亡の因果関係はないと責任は取る気もない。

 毎日、こんな事を考えている。4月の県議会選挙は今後「我が町」の大変革の流れへの、予兆を思う、皆さん選挙に行きましょう。自分の考えを「一票」に現しましょう。

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 06:50 】

2011
03/08

隠れた危険


宝の豊庫、恵の海には「危険が潜む」、ここ3週間で三人の漁師の方が亡くなった。総て歌津地区の漁民だという事も異常な事態に、漁業者も「磯開口」での海の恐ろしさを再確認した。しかし海は「生活の糧」であり、多くの幸と喜びを与えてくれる。
 町内で「あさり捕り」の道具を積んだ人達を見る、もう八幡川の「潮干狩り」が始まった?のだろうか。放流場所でなく毎年多くの町民が「海の恵み」を求め集まる。
 今回の海での事故は一件だけが、操船・作業でのミスにより、ロープに絡まれ海にとの話しのようだ。昔、海の仕事をしていたお母さんに話しを聞く事ができた。今の時期の海は陸の状況とは同じ気候でも大分違う。海の上は遮る物がなく寒さが大きく違い、船上は寒さで凍り滑りやすくなり、自然の荒波で作業も大変と聞く。また、後継者の居ない今は一人で海へ出る、「夫婦船」など互いの高齢化により、夫が一人で海へ出て「作業と操船」をこなす事で、危険も増大する。これが今の漁業の実態と言える。
 3人のうち2人は、海の作業中の病死だったと後で聞く。50歳を過ぎ健康状況の管理も自分が常に行う必要もある。80歳の方は「海開口」を楽しみにしていたのだろう。心筋梗塞と聞いた。家族の為に、そして自分の喜びの為にと海へでた。私は海が大好きで、小学生時代は「ふのり」「ひじき」「つぶ」「あさり」と、春の旬の恵を寒さの中で「荒島」によく行った。寒くても干潮の前後2時間を海で「一人」で遊んだ事を今思い出す。昔は「豊富な海産」に、子どもが取っても漁協もうるさくなかった。取って帰り食卓の家族の喜ぶ顔を見るのが自分の喜びだった、地味な少年時代があった。偶然の重なりが今回の事のように思う。
 東京のこの次期の雪は、千葉県の梅の木に花びらに雪が積もった。異常気象なのだろう! 半面「我が町」も昨日はシベリヤからの寒気による「雪予想」だったが。何とか一日もった、良好な陸地の環境がある。海はやはり「開口時」も荒れて居たという。春先のこの時期は海は穏やかな日が続く事が、私の今の次期の海のイメージと捉える。

 前原氏の突然の外務大臣の辞任で民主党が大変だ、それよりも国政はどうなるのか? 15歳から知人という在日韓国人の女性からの、年5万で5年間、25万の政治献金を受けての辞任、そんなに古からの付き合いの、地元「京都」の支持者からの献金を知っていたはず、「これくらい?」と思っていたのだろうか。外務大臣の立場ではまして許されなく、在日・外国人からの献金の法律での禁止は知らない訳もない。
 今回の辞任は「小沢問題」とも関係してくる。罪は罪として責任所在をはっきりし、身の処し方を現した。また、今の民主党内閣にいる事の意味など、前原氏の隠れた思惑もある様な気がする。

 また、人間の強行があった。34歳の女性が家族3人を包丁で刺し一人が死亡した。34歳の女性に何があったのだろうか?人間の異常行動は、環境に大きく影響され、自分の頭で処理できない状況で行動を起こす。他傷行為が事件となる。家族のコミニュティーが崩壊しての事件なのだろうか。

 一般予算議会が今日から執行部の説明があり、議員の質問が始まる。昨日の町長「施政方針」へは10人の質問があった。手を上げなかった議員は4人で、一人は葬儀の為欠員と、活発な議論は今回が一番だった、多くの討論で議題提示で行政は動く!?

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:39 】

2011
03/07

夫婦って?


通勤途中の八幡川の中橋で「ふと」、川面の2羽の「オシドリ?」に目が止まりパシャと写真を撮った。この鳥はは志津川地区の3つの河川で目にするが、必ずと言って良いほど「つがい」で行動する。正に人間の夫婦の理想の姿?と思う。
 独身者の多い南三陸町の中で、「妾だ」「愛人」だと、また巷で囁かれる選挙戦を来月に迎える。立候補予定者の動向が地元では大変気になり、志津川で見た、入谷にいたよ、今日は歌津にと、多くの情報が寄せられる。私の地区にも来たと言うが、私はその姿を見たのは1回だけで、選挙の動き姿はは皆無に近い。
 気仙沼での立候補予定者の事務所開きがあったとか、今月に事務所開きの連絡があったなど、私の所へはそんな話しが来ても、今は動く事はない。しかし、立候補者の選挙演説は絶対聴きたい。本吉・気仙沼地区での3人の定数は今回だけとなる。この結果しだいでは町の勢力図も大きく変わる事となる?気がする。政治の考え方向性などぜひ聞きたい、地元候補の県議会議員の必要性も思うが?

 NZ地震で初めて不明の日本人の死亡が確認された。色々な人生模様の突然の死は、夢を失った当人の思い、それを思う家族の悲しみがある。歯形からの本人の確認があり、未だ見付からない27名を思うと、判明された家族も複雑な思いがある。
 61歳の女性は生物の教師で、高校の校長を退職し、生物の「論文」を書く事が多く、英語力の向上にとニュージーランドへの語学留学だった。退職後もまだまだ自分のしたい事「夢」へ向かう途中だったと思う。こうした人の分まで、今生きている人には努力し、道を見つける事の出来ない人は、この死を無駄にしない。この悲しみ・行動を見習って欲しい「一度しかない人生」だもの!

 20歳の大学生の3歳の幼児殺害は現代の若者の一部が、事件解明と共に見えてきた。20歳は「恋愛」の真っ只中で、相手がなかなか見付からない世情で、「嫌い」と言われるのが怖い、「女性と会話」できない男性が多くいる。その矛先を幼い子に向けている事件・傾向が今ある。リックに死体を詰めたが、その中から「ワイセツ」目的の物が発見されたと言う。福祉関連の大学に入学し、「高齢者の介護をしたい」と将来に夢を持ち大学へ、半年で大学を休むようになったという。何かが彼に起こったのだろう! こうした生きてる上での障害に「対処解決」できない若者が増え、「境界性パーソナル障害」が増えているのだと思う。今の社会では増加の一途で、周囲の「心のケア」は軽い内は、誰でもその「心」を癒す事で、障害をくい止める事ができる。家族と仲間との「コミュニケーション」の必要性を大いに感じる。

 今日も仙台は「-7℃」という、ここ最近はまた真冬に戻った気候となった。昨日は「広場」には? 時間があったので、知人の「お母さん」に電話した。「採用期間が終わりました」「仕事何かありませんか」だった。私の多忙は「ブログ」でたまに見ていますとの事だった。教育問題・雇用問題・町政への疑問など、多くの声を聞く事ができた。

 「町どうなって行くのでしょうかネ?」でした。町民の皆さんもっと「声を大に!」、これで「我が町」の家庭の安心安定に向かいます。

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:17 】

2011
03/06

春の槌音


「我が町」から登米市に向かう398道路から右に、「三陸道」の工事(写真)の槌音が聞こえて来る。「春よ来い!」と芽吹きの温かい春がもうそこまで来ている。そして三陸道も5年後に?にと言われ、10年後とも語られる中で、確実に「我が町」に近づく。三陸道開通には町に於いての「光と影」があると言う。その「光」の部分を充分に発揮していきたいと、町長は今年度予算の組み立て成立にあたったと語る。

 「産地の者の努め!」と80歳になる瀬戸内海の島の農家の生産者は言う。お金にならなくても美味しい物を消費者に届ける。この事をこの年になり「悟った!」という。自宅生産のミカンを食べてはいけないと祖父に言い聞かされ育った。そのぐらい農家の厳しい時代があった。
 学業を終え「農協」に職員が不足していると就職し、勤務で定退職した。「一本」の苗木から今の「はっさく生産」を始め20年になるという。現在までの道程は「すっぱく・にがく・あまい」ものがあったと、ハッサクになぞらえ同じ物があった。現在まで消費者に美味しい物を届ける!から、これからは美味しい物を残し伝える活動をしている。立ち上げた「ハッサクの会」も平均年齢が70歳となっている。兼業農家が多い現代、定年退職後の専業の生産者となる人達を支援・応援していくという。80歳でも地域の名産品を伝承する為に、まだまだ頑張りたい、もっと甘い「はっさく」を生産したいと意気込む。農業の楽しさ喜び、そして可能性の大なる事を教えていきたいと、元気いっぱいの80歳の現役農業家である。

 前原外務大臣に予想だにしない事件が発覚した。「外国人・在日外国人からの政治献金」は、国会議員が受けられないという。小額ながら政治献金を受けていた。外務大臣という立場を考え・在職している今、対処・解決しておかなければならない事案を、4年間続けていたと言う。野党の矛先は次期総理の声の高い、前原氏に向き、現政権体制への同じ与党の反発派が、これを期に益々大きくなる事を予想する。絶対辞めないと言う「菅総理」、足下からの崩壊の槌音が聞こえてきそうだ。しかし、国民生活が安定しない見えて来ない今年度、「政争」ばかりが目立つ国政となったてる。引き替え「我が行政」は安定の一途で進んでいる。行政と議会の数の構図安定がここにある。これも町民の生活にとって「良いか」「悪いか」?は別である。

 新車販売数が29.221台で前月13%の減少だという。エコポイントにより「ブリウス」の爆発的な販売が去年まであったが、ここ数ヶ月の販売落ち込みがあり、4月の年で一番車の売れる次期に期待を掛けている。地方の僻地の疲弊が加速する中で、福島市でまた悲劇が起こった。女性が川で死亡していた、自宅に警察が行くと6歳の女児が亡くなっていたと言う。祖母と孫の二人暮らしに何があったのだろう?核家族化・未婚者・離婚・生活苦の中に今ある地方の姿がここにある気がする。

 こないだの歌津での「磯開口」があり1人が死亡した。私の知人の身内の方の話しだと、溺死ではなく「くも膜下」による死亡だった。そして、また昨日?2人の方が「磯開口」で亡くなったと話しを聞いた。事故だったと言うが「ほんと!」と続く悲劇に驚いている。こないだも昨日も海は荒れていたとも聞く。「自然は怖い!」と再確認させられた。

 今日は「サロン・広場」に居ます。いっしょに「我が町」の明るい将来づくりを語りましょう。

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 09:24 】

2011
03/05

守ろう子供達


「我が町」の子供達は秘めた力を持っている子が多い、それを発揮させるのも回りの環境に影響され、家庭はその一番の部分ともいえる。我が子を伸ばすも縮めるのも、環境であるが本人でもある。両親の幼児教育・家庭教育と、社会教育という義務教育となりつつある高校を卒業しての家庭での、親子のコミュニケーションが必要で欠かせない。写真の「書」は実に美しい! 廻館「教室」のサンポートでの発表展示からです。

 また20代の信じがたい事件が発生した。20歳の大学生が3歳の女児「ココちゃん」を、絞殺し遺棄した。なんの意味がここにあるのだろう。親が一生背負う我が子の事件に、苦悩しか私には浮かばなく、家族・家庭崩壊の連鎖の発生となる。彼の起こした事に「何の意味がここにあるか?」、本人しか判らない。
 18歳の女子高生が行方不明という。「男友達に会いに行く!」が最後言葉だった。福島南会津での事件となった。その逢ったとされる20代の男性が、警察の事情聴取を受けた後、乗っていた車が焼かれ、男性は自宅で首を吊って死んだ。まだ真実原因は解明されていないが、男女の恋愛の若者感覚の未熟さが出たのだろうか? 思いどうりにらない事の「対処」が出来ない若者が増加している。
 
 今年も31690人の自殺者が日本であった。13年連続の日本の歴史の影の部分が残る、政府の政策が少なからず関係している。世界同時不況・雇用問題での政策の対処法に、確実な政策を講じられなかった。就職の失敗で424人が自殺し、20代が153人となり、就職問題で2.4%の「自死増加」となった。
 20代の双方の問題は深い意味で因果関係がある。社会の「ねじれ」が子どもと若者に影響を及ぼしている。政治の「政争での空転」は、更なる悲劇とならない事を心配する。

 地方からの「議会改革」があり、地方の議会の「二元代表制」が危ない。大阪府知事・名古屋市長など「維新の会」の発足により、首長支持の議員が多く市議選に出馬する。名古屋市議選は、民主26人?に対し、維新の会から「41人」の出馬と言う。結果強い勢力図となったら、市長の考えが色濃く市政に繁栄され、良くも悪くも一方的となる。1.8兆の借金が名古屋市にあり、市民税の10%のカットと市議の報酬・人員を半分にとの、市長の考えが選挙次第で実現する。市長の政策が間違いか正しいか?を、「維新の会」のメンバーは出馬し当選したら、市政の内情を見て市長に付くか否かを考えるべきと思う。「見えない部分が見えてくる」。
 「我が町」の町政も首長の影響力の大きく感じる。「二元代表制」?、という日本の地方自治形態が変わりつつある。昨日は副町長の再任への議案が町長から出された。今後の財政難や税収減、庁舎建設などの問題山積に、副町長への報酬カットを求め、「議案反対」の討論を出した。賛成意見では合併しての首長の激務を町長は上げ、素晴らしい町政への精通者として適任と議員が言った。採決では1体14となった。・・・・・? 今後の問題解決への動向を注視したい。

 3月予算議会は3日間が終わり、来週からは本格的な23年度予算が審議される。3月に入り小中高の卒業・年度末とあり多忙となる。公私ともに色んな事が発生し、大変の中にあり「週末2日間は議員方の資料把握の時間」と事務局長は言う。確かにそうである。

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:42 】

2011
03/04

悩んでないで!


「民心豊楽」は読んで字のごとくである。昔の知事だった「山本壮一郎」が、栗駒地区の農地の整備をし、この地区の町の大々的な開発をした、と碑に刻まれていた。「地区民が心を豊かにみんな楽しく生きられるように!」と、県の代表としての気持ちたろう。自分の名誉や私心を無くし、県民の為に貢献した人物と思う。「我が町」は何かが違う気がする?

 この栗駒高原駅前が、「明るい南三陸町創造の会」の婚活事業での、来町へのお客さんとの待ち合わせの場所とした。個人個人が諸々の悩み問題を抱え人は生活している。「勇気を持ち自己の夢に向かい進む」、この事で世界が広く「虹色」に輝く気がする。

 「境界性パーソナル障害」という言葉を初めて知った。「アスペルガー症候群」「学習障害」など、子どもの成長期に発生する精神疾患があり、大人になってもそれが続くと言う。近くに「寄りそう人」「理解してくれる人」が居る事で、症状が出ないが常にその発症に気を使っての生活となる。
 現時代にとって日本国民の大きな存続の問題とも言える。13年連続の「3万人越えの自殺者」が今、日本にある。リーマンショックでの働き盛りの40代50代の「自殺」が治まり、今度は「境界性パーソナル障害」による20代30代の「自殺者」が増加している。この年代の自殺者数が7836人いる。若者の60%がこの障害と言い、以後の経過の調べてこの10%が自殺し死亡している。
 愛して欲しい・離れないで、助けて下さい、生きている価値がない、等「感情のコントロール」が出来ないと言う。自傷行為に走ってしまい、自分を常に見て欲しい!と衝動的な行為をする。十代の娘の母は、わざと彼女から離れた時、「私が邪魔なんでしょう」と、シートベルトで突然首を絞めたと言う。6年前に19歳の娘を亡くした父親は「死にたいなら知らせて欲しかった」と、発症して1年目で「ごめんなさい」と言い亡くなった。対人関係で「私なんか生きていても・見捨てられた」と、怒りと空虚感が内心にあった。
 症状に自傷行為・感情の急変化・不安な行動には、親は常に気を留め「友達との関係」など、子どもの身の回りの状況を知らないといけない。そんな「ひとりぼっち」の子どもを町で目にする、子どもの顔に笑顔がなく「挨拶」などの言葉もない子を、つい心配してしまう。生活の困窮から親の気持が子どもに向かない回らない現状が、今の日本に沢山ある事がこの障害へと繋がっている。医師の対応も大変と聞く。

 東北福祉大の学長がテンビで記者発表をしていた。国会議員もしていたので一目で判る。福祉大が「医学部を創設」との内容で、僻地医療と医師不足に立ち上がった。仙台厚生病院との連携で進めていると言う。厚生省は「医学部新設」に消極的?とも聞き、文部科学省も慎重な考えを示す。医師不足は国の重大問題に二つの省庁の、危機感の無さを感じる。学長は「医は仁術」と語り! 「心のケア」の部分の治療が大切と言う。
 
 「我が町」の医師の就学支援制度が、条例制定となりこないだ新聞に「まだ1件の問い合わせもない!」と書かれてあった。そんな1ヵ月で結果がでる訳もなく。継続での周知徹底が必要で、優秀な子供達が沢山いる南三陸町、未来の子供達に希望を持っている。

 こうした意味においても成長期の子供達の精神障害は、社会が大人が考え未然に発症を防ぐ、手だてを講じないといけない!

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 05:26 】

2011
03/03

一次産業が町の礎


若者の軽はずみ行動の「受験」の妨害?が発生した。「AICEZUKI」のネームで、受験会場から問題を写メ送信、答えをメールで教えてもらうと言う方法で、回答した?と言う。
 携帯のメール送信には「IPアドレス」があり、十数ケタによる自分の携帯の記録と名前などの情報がある。発信源は「宮城県仙台市・京大生」とありビックリ、今日の3時の「日テレニュース」では山形の女性所有の携帯まで辿り着いた。息子が使っていると言う、軽はずみな行動の末、大事件となり「ワイジショー」で毎日のように取り上げられ、大学・警察捜査と大事件となった。いったいこの息子は何をしているのか? こうした事が犯罪だと気にも留めない、現代の一部の若者感覚に日本の将来への不安が募る。
 片方でニュージイランドの大震災で、19歳の若者が行方不明となっている。両親は「0.5%が0.1%となり今は可能性が0となった!」と、我が子の消息に涙している。19歳の娘の死に「短い人生をほめてやりたい」と、涙を抑えながらの声を発していた。

 昨日は7人の質問者の一番目で「一般質問」を終える事ができた。「第一次産業への更なる支援を」と題し、農業・漁業・林業について質問をした。農業は米の所得保障を質問、申請が本吉では80%に対し、南三陸町は20%と申請の少なさの疑問を質問した。高齢化・土地の分散化など障害があり、この数字となったという。地元の農業事情には、古くからの「農地の基盤整備」の進まない土地柄があるという。難しい問題で三次産業の私なりの農業の今後の在り方を町長に聞いた。
 漁業は津波災害と異常気象による海水温の上昇があり、秋ザケの半分の水揚げで3億減、銀鮭は順調に餌を食べないせいで減産となり3億減、カキは70%の水揚げ減少でこれも3億の減となった。自然は人間にたまに「試練」を与える、しかし「多くの恵」も与えてくれる。漁業共済加入を町は言う。国の支援も共済助成に25%増やし「75%補てん」をするものの、共済金の高額に漁民の負担はまだまだ大変だ。激甚指定でも施設に対しての支援はあるが、生産品への補助支援はない。自然相手の漁業は計算できなく、所得事情があり経営は厳しく難しい。
 林業は「南三陸産材」の活用をと、森林組合が請願を議会出した。この事について質問した。6億8千万の図書館と保育所の複合施設が25年度完成を目指し、プロポーザルによる設計が図られている。設計費の3千5百万ぐらい係り、多くの町の予算が使われる。この部分への地元業者の参入と、「南三陸産材」の活用を訴えたが、地元の業者は下請け?大量南三陸産材の活用に関しても難しい?との答えだった気がする。地元の資源・人材・会社の参加に消極的に感ずる、現行政の取り組みを不思議に思う。南三陸産材の活用し建物建設に「20万円」を助成する。リホームへの建設への工務店支援に「200万円」の予算計上をした。と言う。産材の活用推進策として、2本柱で取り組むという。
 半面「観光」への支援は町内の住民参加比率に対し、多く予算を傾注している。農林水産業の収入は100億位?もっとある気がする。町長は加工業者や観光を加えると「250億円」と言うが、一次産業の生産の元に「サービス業」がある事を忘れている。益々の町の活性化には、高齢化・後継者問題が目の前にある、一次産業の衰退への支援・対策が一番と思い、今回の質問をしたが?誰かが言っていた。「トップが変わらない限り、町は変わらない」と!

 とにかく今日の二日目、調査の上での町の現状の「疑問点」をぶつけたい。

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 05:37 】

2011
03/02

仁義を切る


3月1日に志津川高校の卒業が開催された。多くの来賓に私も加えてもらったが、志高は来賓として?ではなく「志津川広報センター専務取締役」としての意味合いを持つ。3年目を迎えるが、以前に知人と中高の一貫教育について、加藤校長との懇談を持った事があり、来賓として呼ばれた原因と繋がっている。公人となる前の「町の情報を伝える」という役目に、自分が取り組んだ事がキッカケとなった。母校である「志高」は今も昔も変わる事無い、卒業式を実感してきた。
 今年の卒業式は「高校の卒業生」のパフォーマンスのない、静寂の中でかつ厳かに淡々と式が進んだ。私的にはこういう「式」の方が好きだ。卒業にあたっての数々の「はなむけの言葉」や、思い出・苦悩の日々・友との活動での、共に笑い涙した事が総て成長という形で身体に備わる。そして今度は自分の「希望」「夢」「目標」に、最後まで諦める事無く進んで欲しいと、祝辞で話される。後輩たちは先輩たちの姿から、「志高」の校風を学び、又後輩へ引き継ぐ「伝統」を、学校生活で行動で示して行くと言う。「志高魂」の継続は脈々と受けつがれていく事を祈りたい! 後は学力のアップと、南三陸の地に「志高」ここにありと、更なる活動を期待したい。「東の空に雲晴れて・・・」、しばらくぶりの「母校の校歌」に感慨を深めた昨日の出来事でした。出席した先輩に「今日は来賓ですか?」の問に、情報伝達の役目ですと答えた。

 昨日は町内の調査に2ヶ所出掛けた。一ヶ所は調査済みで、現場の生の活動と実績・問題を聞く事ができた。私の立場は以外と他の同僚と比べると、地元と仕事柄があり、出向き安い利点を持つ。これがまた同年が現在重要なポジションにいる事が多い。現場の深い所まで情報を得る事は、「自分の行動の情報の流出」もなく、自分の観点・分析で町の取り組みを聞き出せればと思う。国の予算が衆議院を通り、昨日の参院の本会議の予定は野党の反発があり、中止から今日の開催という。「我が町」の予算も2日~11日までの8日間で、予算が審議され施行される事となる。現政府の「ねじれ」での地方への法案の決定が通るかの有無で、またの予算も変わってくる。

 首都圏広域連合構想が必要と、現職の神奈川県知事が「都知事選」に立候補を表明した。石原現都知事には「出馬します」と連絡、「仁義を切らせてもらった」と記者会見で話した。トップに立とうと言う人には、「人間としての人格」が求められるが、「我が町」の町の職員・執行部の「行動」を聞きと驚く! 今、人との会話から「うそー!」「あの人が?」と、夫婦って何?と疑問を持ち、行動や実態に驚かされる。「我が身の潔白!」と本当に言えるのだろうか。パワハラはない事を祈るばかりだ。

 男女間のゴタゴタは「NHK委託カメラマン」の殺人事件を思う、800万円の嘘の投資話しがあり、競馬・競艇にその金を使っていた。「うちは国営放送」が決め文句で、これで信用させての強行だ。5人の女性と同時に付き合い、家庭も持っている35歳男性、報道カメラマンとしての責務と自覚はどうなのだろう。下半身に責任を持てない人間は、人を愛する資格はあるの? 皆さんそう思いますよネ! まだまだ大変です。

 こないだ海の「開口」での漁民の死は脳梗塞と聞きました。60歳代の男性は健康への普段から留意により、「突然死」を防げます。こう言う私も、こうした予備軍なのかも知れません。

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 04:57 】

2011
03/01

悪しき慣習からの卒業


今日3月1日は「宮城県立志津川高等学校」の卒業式、今も昔も変わらない光景が志高体育館で開催される。志津川広報センター専務取締役として式に参加させてもらい、今年で3年目を迎える。卒業式の「生徒の門出」に出席できる事に感謝です。
 志高というと36年前当時は、地元の先生が多くいて地元に密接な学校と思った。工藤先生・三浦先生・若い三浦先生、卒業後は芳賀校長がいて、入学の父兄とも繋がりのある先生など、連携があり「同窓会」でその姿を目にする。現在も同じなのだろうが、高校生との先生の若い繋がりがあり、進路なども家族と生徒・先生が、本気での相談がある。生徒の現在の学生の「枠」から抜けきれない部分も、感じられるがどうだろう。現代「大人になれない成人者」が多いのは、この辺に原因があるような気がする。こらからです!「卒業生おめでとう」「家族のみなさま御苦労さまでした!」。

 東京マラソンは一般参加の「市民ランナー」が、日本人最高の3位となった。埼玉の「春日部高校の事務員」をしながら、マラソンを続け今回の快挙を成し遂げた。そして世界大会の出場を勝ち取った。「練習の賜」もあるのだろうが「秘めた素質」を強く思う。心肺機能や筋肉・体力などの身体バランスは、自己の努力と天性のものと思う。箱根駅伝でも大学時代「学連選抜」の選手にも選ばれた悦材という。多くの社会人ランナー・海外選手の参加を押しのけての、川内さん?の3位で、見ていないがあの数万人参加の下で一般としての快挙に大拍手です。
 NZ大地震での被災された学生2人が帰ってきた。19歳の奥田さんはビルの下敷きとなり、救出時に右足切断を余儀なくされた。入院でも自分の事より「仲間」を心配し、「一緒に帰りたい!」と、自分の今の状態を「二の次」に、未だ救出されないビルの中にいる人達を気遣う気持ちに、19歳ながら大人としての強い意志を感じる。そんな中で「大学受験の携帯?によるカンニング」、社会意識とモラル低下の事件は、格差として捉える事柄なのか。これは「遊び」「ゲーム」としか考えない、現代の若者意識はITの進化に害されている部分も多分にある。

 昨夜の3時30分に予算が衆議員を通った。これで参院へだが衆議院の議決が優先し、予算が決まり全国に配分となる。しかし、公債特例法案は未だで、更なる国債発行はできない。子ども手当て法案はもっと深刻で、「子ども手当て配分」がなされない事ともなりかねない。民主党の16人の比例区での当選議員が、菅政権に反発し欠席した。間違いなく政党分裂の予兆である。今日のグーグル記事では、総理の次期の候補に「前原」と国民の意見大という。前原と石場の討論、楽しみが一つふえた。

 マツダ自動車社員の自殺の裁判があった。過剰労働の過労とパワハラが自殺原因と言い、会社に6千万の慰謝料請求という。上司の笑みでの死者への対し方が家族は許せないと言う。今回の予算議会で副町長の選任が議案にある。税収減・事業委託・庁舎老朽化基金の積立金減などの諸々の事情から、副町長に設置は難しく、優秀に各課長の町長補佐で充分と思う。職員報酬カットがダメなら、この職1000万円の歳出削減は当然の処置と思う。町長の英断をどちらに下すかで?町民への向かう意識度合いが伺われる。反対!

 明日から議会が始まる。議会傍聴を町民の方に是非して頂きたい。町と議員の議論で今年の町の方向性が決まる。議会傍聴が出来なければ数百万係った、インターネットによる議会中継を見てもらいたい。

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 06:04 】


TOP