FC2ブログ

ARCHIVE - 2011年02月

2011
02/25

時間の壁


今日の写真は皆さんが「夢の中」にいる時間の朝4時からのテレビのトップ映像です。日テレの4人の女性キャスターが、この時間に元気に「オハヨン」と呼び掛ける。バリバリのキャリアウーマン達が頑張っている、結婚は?昼と夜が逆な生活という。来週から私の生活もこうなる。公務と社員への仕事と報酬の為に日夜頑張らないといけない。

 グーグルのトップページには気になる事件・出来事がいっぱい! さんまの「恋のから騒ぎ」が17年の歴史に幕という、週末楽しみな番組だった。今は見ていないが寂しい。NZ地震に韓国救助隊を拒否!災害への世界各国からの支援、政治関係なのだろうか?日本人記者拘束!過激な取材合戦なのだろうが、多くの人が亡くなっている現実を忘れている。報道にも規制とモラルはある。また、子ども手当て額見直し?「ない袖を振ったら」ら日本経済は、国債の増発により「国債格付け」も、21段階?ある中で上から3番目、こんな不安な国ではなかったはず!「こども園」?への入所規制を緩和、と言う。お金の「ばらまき」より、子ども育成環境の整備という事なのだろう。多くの子育て世代が「子ども手当て」より「環境整備」を訴えている。何処に果たして使われているのか?もあり、親の子育て係わりが「お金」だけか、不足しているとは思えない。半数は「NO!」だ。
 今日の地震以外のニュースで、高齢者に投資話で6億円詐欺、こんな事件が起こった。人間の「金欲」は血も涙もない!主犯は41才の社長、部下に高齢者への未公開株を売りつけるという。社会不安と今後への蓄え増への願いのため、しかしながら「タンス預金」があるし、6億のお金が有る事に驚く。「投資話」と言えば、金沢でのNHKの専属カメラマンの事件がある。家庭持ちの30代の男性が、27才の主婦から投資目的でお金を預かり、金銭トラブルで砂浜から昨日主婦が遺体で発見された。数百万だという、これで二つの家庭の悲劇が生まれた。カメラマンは自殺未遂をした、まだ自白はしていない、多くの証拠を突きつけられても言わない、多くの物証があるにもかかわらず?と思うが、億の数百の「金」で人生が変わる。

 留学研修生のビルの構造に欠陥があると報道されている。19歳の男性は高校当時サッカー部主将だった、足を瓦礫に挟まれ救出されたが「足を切断」した。彼の顔には悲痛さがなく、また友達と会いたいと言う。多くの仲間の死亡への気遣いだと思う。このビルからは日本の「ハイパーレスキュー隊」により、昨日は47人の遺体が収容された。隊長は「救出には72時間の壁がある」という。この時間を過ぎると生存率が大きく下がると言う。現地の地盤も影響している、多くの「液状化」が発生し道路の隆起も酷い。「サイレントタイム」という被災者の生存発見があり、携帯での生存の通信と「生命の救出」が今、最大の現目的で、タイムリミットは3日目を終えようとしている。

 リビアの自由化への動きは1000人を超え多くの犠牲となっている。現政権の強硬な民主化への阻止動きは、この犠牲者数から国のトップでの資格はなく「独裁者」を自称している。日本の今は高齢化の中で「コンパクトシティー」へと大都市は動く、人と人との絆の再生と、仙台市長は言っていた。子ども達を高齢者が見守る、こうした社会づくりを「我が町」も今すべきと思う。町政の発展も必要だが、いつまでも維持できる社会ではなく、住民の安定生活が町を動かす「強者ども」の役目と思う。
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 05:19 】


TOP