FC2ブログ

ARCHIVE - 2011年02月

2011
02/10

何が善で?悪?


何が「善」で何が「悪」なのかわからなくなってきている! 人間も「善人」と「悪人」がいる。ドラマのように必ず、良い人が最後には勝つ的な事な展開ばかりでない、今の不条理を疑問に思う。強い者が必ず勝つような、そんな「我が町」の状況があり、金のため・金を持つ者が最後には笑う。こんな「我が町」となっている気がする。しかし、一線での活動での大変さもあり、ひっそり静かに過ごし暮らせた方が幸せなのかも知れない?

 昨日も葬儀でのお世話になった方への、感謝の焼香は続いている。出来る限り先人達の「町づくり」への御礼として参列していきたい。会場で子供達がまだ小さかったが、こんなにも成長していた。私も54歳まで生きられ、長くこの町だけで暮らし、この年まで「我が町」で生きてきている実感が、こうした再会・出合いで感じる。「ひころの里」のシルク館前に、歌碑がある。繭の里だった入谷地区の先者の繭での繁栄の影に、男女の恋愛の悲話を歌詞に、「歌」が作られた。沼田落葉さんが作詞家である。葬儀で沼田さんと会った。遠い親戚すじで私は町の「夢大使」に相応しい人材と思う。1千万円掛けた歌碑の前に立つと音楽が流れる。これも寄付により作られた。昨日は歌手だった故人に84歳の身体を押して参列していた。誰もが知らないでいたが、町の関係者も挨拶も無かった。知らないという事は恐ろしい!「ひころの里」建設は、まだ遠い昔の事では無いのに?

 昨日は多忙の中でまた嬉しい現実を感じた。栗原市から又しても「婚活参加」の連絡が入った。東京に現在住んでいて、ふる里のお母さんが、「こんな話しあるからどう?」と連絡され、参加したいとの話しだった。親が子の将来を思っての「アドバイス」で、本人も「ふる里宮城」が大好きと言う気持ちが伝わる。忙しい中での「良い話」に、心が洗われるようだ。

 今年の花粉は例年の5~10倍と言われ、私も予防として既に「花粉症」の薬を飲み始めた。目と鼻の辛さは前回の大量飛散でその苦しみを知っているせいだ。現在3千万人と言われる花粉症患者がいて、今年の大量飛散で2百万人が発症し増えるという。初期予防を!すると少しは楽だと言う。
 自殺者が31232人となり13年連続の3万人越えとなった。中高年の自死が減り「健康問題」で増えた。と言うが、寝たきりや独身での介護疲れの子供の「無理心中」も、テレビ報道でよく聞く。「リーマンショック」での世界不況での、会社の経営者や社員が生活苦からの自殺がここ3年ぐらいは多くあった。世界各国が「世界同時不況」から脱却し、元にもどっているのに「我が国」は未だ不況下の中にある。
 トヨタが2010年度の乗り上げが、昨年の8倍の14兆3500億円となり、営業純利益が4221億円となった。世界の景気復活と「エコポイント」での、エコカーとしての爆発的な「プリウス」のヒットがあった。町内を走っていても同じ車を、こんな小さい町でもよく目にする。宮城も有効求人が3ヵ月連続で上昇している。こんな事もあった「宮城県医師育成事業」だという。こないだ議会で医師への支援事業が町から提案された。ここが発端?とも思った。世の中は大きく動いている。のに?

 こないだ「学習支援センター」が始まると聞いた。県内に教育事務所が8ヶ所あり、私たちの地区では「気仙沼高校」が、センターとなり中高生が勉強できる。「我が町」でも事務所が無くても、「志高」で活動したいとの話しがある。学力低下が「我が町」にあり、志高入試倍率は「1」まで達していない現実に、寂しさを思う。我が母校頑張れ!

 今日は公務で朝8時から夕方5時まで、町不在となる。痛いが11日からの3連休で調整したい。

 
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:2 | TB:× | 06:23 】


TOP