FC2ブログ

ARCHIVE - 2011年02月

2011
02/08

志津川薬師「海円寺」


6日開催された上の山避難所にある海円寺の「節分会」。今年は従業員が取材に当たり、この子供達の笑顔での集まりに何を感じただろう? 「我が町」の継続的な平安と、自分にも家庭が出来て、こんな子供を生み、一緒に海円寺さんへ来よう! なんて、思ってくれたら南三陸町の将来は明るい。

 名古屋市長・愛知県知事・名古屋市議会解散の「トリプル投票」があった。河村前市長は市民税の10%のカットと、議員報酬を半分にと唱い、民意を問いました。結果は「66万票」で次点は21万票となった。再度「河村市長体制」となる。そして、反対に名古屋市議会が「解散!」となり、出直し選挙となる。しかし、河村市長の政策への議会の反発が、変わる事はないと思う。何故なら地域からの名古屋市議の選出が再度あるだろう。大きな市のトップの投票数と、地域代表の市議の選出は、大きな市議会の議員の顔ぶれに変更はない。市民の投票は裏腹である! 投票者が大きな視野で市を見るか? 地域から代表者をだして地元の利害を選ぶか? その方向性はなかなか変わらない気がする。今度は「市議選」で河村市長が、反発している市議への対抗馬の支援にまわり、市議と議会の二つの決定機関での行政の運営、市長が提案した物が、全て議会を通ったら、「大丈夫なのか?」と大きな心配も抱く、「我が町」も町民・行政職員にも考えて欲しい。
 
 知事選は、自民党の「大村氏」が150万票を取り、民主党が50万票で大差で敗れた。菅総理・執行部も含め大きな政治の権力移行への序潮とも思う。大村氏は自民時代にテンビでの政策論をしていたが、一方的過ぎる発言に好感を得ない人物の一人として、私は捉えていた。しかし、メディアでの露出は大きな力の実証が、河村であり大村だった。だが、県民・市民の為にどんな活動をするかだろう? メディアは今の人気に着き、人気者が多くの「共感」を得れば、共にプラスとなる。それで失敗した政治家・放送番組もあり、「どうするかで?」、政界からの離脱・番組視聴率への低下がある。名古屋市議会解散の賛否は69%の解散と、25%の解散反対だった。市民は10%の市民税のカットで、医療・福祉への体制確保は大丈夫か?議会の報酬カットで議会後継者と議員活動は本当にできるのか?との問題を真剣に考えた上での投票か。「河村節」に踊らされたのなら、今後の生活不安・市議活動の停滞の影響は市民が背負う事となる。選挙で選んだ人物に今後4年の県政・市政を全て任す事の、一票の意味を強く持ち、その重い「選挙の一票」として欲しい。「笑われないよう!」

 トリプル選挙は誰もが予想した結果となっただろう。地方主権への河村・大村の二人のタッグは、今後の国の動きに大きな影響を及ぼす。橋下大阪府知事も大きな国の政治体形の変革のため、国民の支持を受け共に活動する。東国原氏の今後の動向もあるが、そんなに甘くないと政治は私は思う。人気だけで国民は動くか?というと又違う気がする。宮崎県は地元出身でメディア戦略が成功しただけとも思う。一回「失敗」する事で大きくなると言うが。政治家はこんな事は考えていないだろう。菅総理は「4回落選」して今があるが、現政権トップの言動や政策決定の頭としては、不安ばかりが今後につのる! 政権は戻りそうだが、こんな情勢でも民主26・自民16・みんな6と、支持パーセントが出ていた日曜日だった。

 また、打ち込む内に文章が長くなった。地区の県議選が「海面下」で動いている。イタリアの「インテル長友」が頑張っている!世界最高のサイドバックにと、目標をしっかり描いている。子供達よ何になりたい!目標を早く描け。
スポンサーサイト

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:20 】


TOP