FC2ブログ

ARCHIVE - 2011年01月

2011
01/17

災害


皆さんこの風景が何処か判りますか? 今日の夢はここからだった事と、「阪神淡路大震災」が今日で16年目だった。この二つが重なり「我が町」の過去の悲劇の記憶が合致した。
 朝方の「夢」は大津波の発生で自分が逃げまどい、多くの昔の知人がそこにはいた。実に不思議な夢に浸る自分がいた。そこでの「夢の記憶」に、「携帯でカメラに納めないと!」と探すが、発生時にいた場所に忘れ、知人らか借りる所で夢は終わった。
 この写真の風景の場所は「気仙沼市小泉蔵内」の、商店と海が近い場所での出来事だ。なんでここだかは、最近この場所が「二十一浜」か「蔵内」か考えていた。ここからこんな夢となった。本吉からの帰り、海の荒れの治まりと、こんなにも水平線が美しく見えた事はなく、本吉の帰り道「時間がない」にも係わらず、「携帯に撮らないと!」という意識が強く働き、こんな夢になった。
 生活していて「この瞬間」を大切にしたい、多くの人に見せたい、がこの行動に走らせる。「南三陸金華山国定公園」がここであり、正面は太平洋の水平線ながら、左右は荒々しい岩場があるが、この写真からは伺い知る事はできないだろう。

 鹿児島の阿久根市の竹内市長の「リコール」があり、昨日の投開票だった。結果は8509票でリコールの代表が当選、竹内氏は7649票で850票差だった。市職員の給料カットと議会の体質改善策が強行過ぎたし、「専決決議の乱発」が、行政の体をなしていないと、住民のリコールが成立した。市長の言葉に「職員組合に負けた!」という。行政の職員の力(票)はそんなにも強固なものなのか? 物らしい。行政職員と官僚の考えは近く、その権力は「法に守られ」、国民・町民との差となりある。竹内氏の強固ながらここに「一石を投じた」事は間違いが無く、小さい都市なので「職員組合」の組織力は強い。議員とて容易く「当選できる」との話しも良く聞く。トップと職員のリーダーが組んだら、敵は自治体には居なく、行政は思いのままに動くと思うが。

 「ツイッター」の力の有効活用が、今考えられているという。ソフトバンクのコマーシャルに出たいと「浜崎あゆみ」が、ツイッターしたら「孫社長」が見ていて、採用になったのが「浜崎の演歌CM」である。この通信網は「発信」と共に、ねずみ算式に情報が伝わる。元総務大臣の原口氏のツイッターの登録者が15万人居るという。大臣時代に「チリ津波」のツイッター発信をした。政府の情報の発信前の「個人的」なもので、議論となり現在は「ツイッター」を通した緊急政府発信を検討中という。このスピードは「テレビ報道」より遙かに早く、多くの国民に伝わるという。携帯の普及が一番大きく、パソコンなどのIT化加速がここにある。

 私のブログで、自分なりの「政治に思う」が、昨日は日曜にも係わらず、どういう訳が最高のアクセスがあった。35件もである。普段は17前後で、当初は1か3件だったから不思議だ。ヤングブログと言う18才から25才の従業員発信は、こないだ私のブログの上を行く「75件」のアクセス、内容は「気仙沼ホルモン」だった。今の世間の話題に人々は敏感に反応する。だから情報に飢えている。携帯・パソコンを開けば情報はいくらでも得られる。

 今年は「ツイッター」で「つぶやこうか!」、ユーチューブで世界の動画情報に発信しようか、告発サイトなんかも面白い。しばらく前に南三陸町でも表面に出ない「リコール問題」があった事を思い出す。行政の対応は冷ややかとも聴いたが?
スポンサーサイト

【 未分類 | CO:1 | TB:× | 07:33 】


TOP