FC2ブログ

ARCHIVE - 2011年01月

2011
01/04

熾烈生き残り


大学箱根駅伝は早稲田が優勝に、渡部監督の胴上げとなった。出雲・大学駅伝の3大会の制覇となったが、監督の最終的な目的は「箱根」にあり、胴上げを「封印」としていたものの、選手が結果をだし空高く舞い踊った。
 早稲田大学競争部に在籍し「途中棄権」の辛い苦しんだ思い出が渡部監督にはある。10人の選手が「襷」を繋ぎ、駅伝の完走達成で結果がでる、だから襷に賭ける部員の思いも強い。100人以上の部員から選ばれ、走れる人間が走れない部員の分まで、思いを背負っている。渡部監督が選手時代に走ったのは「往路」の1区だった記憶がある。足の異常で途中での棄権だった。当時の監督の制止を振り切り頑張ったが、まだまだ道は遠かった。監督が選手に触れる事で失格となる。触れる事への拒否が数㎞続いた記憶がある。未だ8人・9人への襷を繋げる事を「、足がどうなっても!」とその時思ったに違いない。
 その時の苦い経験が、今の早稲田大学にはある。監督自ら体重を落とし選手と走る、この行動で選手に思いを伝えた。100年を越す箱根大学駅伝の歴史は長く、今回の早稲田優勝は18年ぶり?と聞く、えっ、そんなしばらくぶりの優勝、常連校なのにとの思いがある。しかし、最近の早稲田は確かに苦しいレース展開だった。
 10位までの「シード権争い」も、また選手の大学の思いがある。今年は常連校の日大の「苦戦」があり、出場し過去最低の成績だったという。マンモス校で部員の数も一番と思うが、この結果に涙した選手は多くいた。「國學院」が8位から11位の中にいた。大手町のゴール100メートル直前にコースを目前にして間違えた。有り得ない「ミス」だった、4人のラストスパートでの勢い余ってのコースからの離れ、ゴールの何千人?の目の前の走行に、誰しもが「えっ」と思った。そのぐらい前を見失う一生懸命の走りとしか思えなかった。しかしながら、ここまでの頑張りが、ゴール直前で10位に一人を交わし、シード権を得た、余りにもドラマチックすぎる結果となった。彼自身は笑っていたが、笑いで済ませたから未だいい、これがシード洩れとなったら、彼の今後に大きな「心の傷?」として残った気がする。
 この正月イベントは家族を巻き込む、「人生の一片」でもある。ある大学?のキャプテンは、これを最後にマラソンから離れ、村役場の職員となると言う。この仲間との駅伝での強い絆と精神力は、今後の生活の大きな力となる事は間違いがない。昨年の山登りの経験で奮起した「東海の金子キャプテン」、20人中15位でシード権を失った昨年から、「自分より仲間を信じる」事と、考え方が変わったと言う。この思考の転換で、今年の箱根で結果を出すことができた。苦しみが人間を良い方向に導いてくれる。共に苦しむ仲間がいたからだと思う。

 「浜崎あゆみ結婚!」には今年の出来事で、初ビッリクである。オーストラリアの俳優だという。8月のCDプロモーションビデオ撮影での出会いで、スピード結婚だった。なんで国際結婚?ちょっとガッカリでした。車でのカジュアル結婚だと言う、長くはないと離婚を予想する。「恋は衝動的」と言う事なのだろう。

 昨日は駅伝の他に「ダイエット番組」を見た。一人での女性の生活の悲惨な一面を垣間見た、何かをキッカケに65㎏だった女性が130㎏となる姿は、悲しくしかみえない。食べる事だけが楽しい・嬉しいなんて、南三陸町の美味しい「海産品」で痩せられます、第二の人生がありますよ! と「我が町」に来て欲しい。
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:06 】


TOP