FC2ブログ

ARCHIVE - 2010年12月

2010
12/25

白銀世界


今年初めての「白銀の我が町」となった! クリスマス寒波が東北以北に流れ込み、マイナス39℃という。東北には100㎝の積雪予想で、北海道よりも多いことが不思議だ。青森では昨日50件の「スリツプ事故発生」という、「我が町」も今日から道路の凍結・圧雪の走行となる。充分な車間距離と余裕の時間を取り、安全第一の運転に心掛けて欲しい。出かけない事が安全ですが、仕事などそんな訳にはいけませんね。残り後「6日間」、良い2010年で終わるよう。そして一から2011年になるよう、祈り願います。

 国の借金で税収を2年連続で上回った。無いなら無いなりの国政をすれば良いと思うが、この政策は社会福祉への5.8%増(28兆7千万)とは言う物の、配るだけで「元気な日本」となるだろうか?と思う。 繕い見せかけの「ばらまき」の姿に見え、返って人間の持っている「気概」「底力」を損ない意欲の低下とはならないか心配だ! 人間は弱いが、我慢できる強い心も持ち備える、これを「蘇らせる!」国策を考えて欲しいと、総理大臣に望みたい。
 92兆4116億の一般会計予算となった。今後の「ねじれ国会」の中で予算案を通すための、民主党の苦悩が続く。衆院での可決、参院での否決そして衆院に戻り。3分の2の可決で予算案は通る。しかし現在の衆院の与党民主の数は、3分の2はなく野党への挙党を描くが厳しい。最終的には衆院の可決が重視される制度により予算案が採択される。
 次年度からは法人税の5%の減額での1兆5千億の企業の負担減を、企業同友会会長も絶賛する。農業の個別保障の範囲を「麦」「大豆」にも拡大し、大規模農家への変換を肉は図り、地方への交付金も「一括」との方向だ。国民・地方への「自律」を促す政府の政策の善悪は個々で大分影響が違い、及ぼすように思う。こうした国の動きに「我が町」は大丈夫?と、町の今後を危惧せずにはいられない。誰もが真剣に「南三陸町」を考えないと、「志津川」「歌津」が消え、今度は「南三陸町」が無くなる!

 中国人の底力を感じる。国もそうだが人民の意識も又日本人とは違う。日本には今社会問題となっている「孤独死」「自殺」がある。都会ならず地方へもその潮流はある。アパート・マンションでの死は、日本人は入居を嫌う。そんな中で中国人の入居が増えている。こんな綺麗な都会のマンションの賃貸が、7万の物件を「4万」で入れる事に、「ラッキー!」と言う。甘やかされる日本の若者と比べると、生きる事への貪欲さと強かさを思う。今日本人に薄れ行く精神があり、今の中国があるように思う。

 英国でも付加価値税が20%から25%へと上がる。付加価値税は日本の「消費税」であり、先進国の消費税的な国民への税収は、これからの「福祉社会」には欠かせなく、この議論が「タブー」的な日本国政の在り方、政党間の足を引っぱる行動が、経済の発展を遅らせている。民主党菅党首の「10%アップ」は、「自民党の意見を尊重した」発言、唐突過ぎた党首会見がある。こんな事を言ったらの「危機意識」の欠如がある。消費税の議論は皆で国を下支えする大きな意味を持つ、必要性を声に真剣に国民に訴えかければ、解ってくれる事と思う。5%で数兆が捻出できる。仕分けによる将来への投資の部分も廃止がある中で、国の成長投資は欠かせない政策と思う。先ずは経済への復興対策と思う。借金してもする事は何か考えてほしい。今の政府の提案内容は少しこの部分が足りない気がする。
 週末しばらくぶりで、落ち着いた時間がある。しかしながらやるべき事がいっぱいだ!

 
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:1 | TB:× | 09:34 】


TOP