FC2ブログ

ARCHIVE - 2010年12月

2010
12/22

クリスマス低気圧


八幡川が氾濫寸前までの雨と雹が町を襲った。我が社も大洪水だった。三角屋根に雹の雪が積もり、戸井をを塞ぎ屋根に雨水が逆流し大洪水だった。従業員総出で処理にあたるが、発生場所を片づけないと止まらなかった。帰ってから豪雨の中で屋根の雪を片付け「雨漏り」はおさまった。
 田中前の親方が電話で、「家まで水が入る、何とかしてくれ!」と、役場の対応と「危機管理」がなってないと、憤慨していた。満潮が終わり町内の冠水が引いたが、まだまだ十日町の田中前さんの道路は水が引かない状況に、対策の不備がある。
 「我が社」もだが、この町内の冠水で、忘年会を早々中止した。年末の宴会が多数入っているとも聞く。天災には勝てないが、予防の大切さを思った。
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 17:54 】

2010
12/22

先輩達


多くの先輩から「自分の変化」の姿を、聞かせて貰った。又こうした意見を聞かせてくれる皆さんが居る事を、「宝物」と捉えている。厳しい事を身内で言ってくれる人は、もう父親しかいなく、たまに東京の叔母が言ってくれる。
 昨日は人の出会いの不思議を思い語った。人を介し私達の会に入れた事を、本当に偶然であり楽しいと言い、こんな会は無いだろうしこれからも一緒に居たいという先輩。私のゴルフの誘いに快く参加して頂いた方が、私の体の変調と前身を見守ってくれている。病気への事はこの方から始まったと言っても良い。甲状腺ガンを発見し「仙台市立病院」への高谷先生の手術への、「紹介状」を書いていただき、早期発見で大事にはいたらなかった。現在も「血液検査」での、身体全体の状況の診察してくれている。出会いから20年以上にもなる先輩! もう一人は35年にもなるが、ゴルフでの友人を会しての初対面で、自然と直ぐに友達になった。友達は失礼ながら兄貴的存在に思う。厳しい会社・私生活の面でもアドバイスを貰う、理にかなっている言葉ながら、反発し事に向かう私にも、引き続き指導をくれる。皆さんは10歳上ながら、良いおつき合いをさせて貰っている。だから私は「自死」へは向かうことはない!
 私の友達的な感覚での「人づきあい」は、良し悪しがあり、「なれなれしい」「親身になってくれる」「はなして楽しい」「こんなタイブは・・・」と色々だが、「生きていく上で大切な事だ」との結論に昨夜はなった。

 昨日は髪の毛を短くした、一部が毛だちして格好わるいとの指摘からだ。日本には美容専門学校があり「国家試験」により、美容院・理容院の経営者となれる。アメリカ・韓国にはヘアメイクはあるが、国家試験はない? 日本だけと聞いた。アメリカでの75%は「癖毛」で、今、日本風のストレートパーマが流行している。求められているものは「柔」だという。日本での一回の料金は7000円平均で、アメリカに渡り「ヘアーバスター」として成功した小須田という人は、アメリカで10人以上の弟子を持ち、支店をだし成功している。日本人のヘアメンクは、髪質を見て美容技術を行うと言う。2時間係ったブローも、今はパーマにより1ヵ月も持つとアメリカ人女性は言う。大流行で評価され、今後も続くという。日本人の技術の「技」「巧」がこんな所にもあった。

 昨夜は12時に帰り朝4時まで爆睡だった。6時に起き小笠原諸島でM7.4の地震により、小笠原村に津波の60㎝が襲来した事を知った。知らない間に色々な事が起こる。知らなくても良いことが、幸せなのかも知れない!

 今日は「従業員の慰労」という忘年会だが、本当は自分が一番楽しみにしている。今夜も4箇所に「地産地消」の精神を発揮したい。「我が町」に少しでもの活性化のために!

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 08:18 】


TOP