FC2ブログ

ARCHIVE - 2010年12月

2010
12/02

真実の追究


「くろしお祭り」は先月の23日の勤労感謝の日に、志小で開催された児童の発表と、父母と家族と児童たちとの交流会です。ここには集まった皆の「笑顔」が満ち溢れ、南三陸町の将来への希望を感じました。
 「嘘も隠し事」もなく、「モンスターペアレント」などの、現代社会の問題などの微塵も感じない姿があります。私の行動は宣伝でもパフーマンスでもなく、「真実を伝える」という事が目的で、行動での「私心」の無いことを解ってもらいたい。
 たまに「自分の為だべだ!」と言われる。この行動で自分に得られるものは、利益的にはマイナスで、自分の時間の短縮です。ただ子供たちから町民の皆さんから「元気」「希望」をもらえる気がする。仲間どうしから枠を越えた人との交流が出来る。この面では私の有益なものであるが、会社としての大きなプラスとはなっていない?気がする。

 「懲罰動議」、聞きなれた言葉が朝3時のテレビから、目覚めと共に聞こえてきた。「早く座れよ!」との言葉が秋篠宮さまに発せられたという。国会の議場での民主党議員からの、議席からのチョットした声だと思う。言った議員はいつもこんな感覚で物事を言う議員なのだろう。宮様の天皇家との象徴立場を常に軽んじているから、こうした言葉が出る。天皇陛下を迎え揃って着席するまで待っていた為で、数分の時間の待たされた事による事件です。この発言への自民党からの「懲罰動議」だという。「国会の品位を汚した」として、議員より出される動議であり、特別委員会を設置して「懲罰」の有無や「品位」について、議会で議論され懲罰の段階があり、委員会で「懲罰」が決定される。この件は少し勉強したし、議会用語で「必携」にて熟読した所でもある。
 続きがある、今度は国会での最高裁のトップの壇上発言での、自民の国対委員長の「携帯が鳴った」との事で、民主党が逆に「懲罰動議」を出す。こうした一連の「非難の応酬」は、今の厳しい世界・国内情勢の中で必要か?そして動議として出す事が両党にとってプラスか?と考えると、国民感情としては「何やってるの!」との反感しか生まれない。私は両党の指示率がまた下がるだけ!と思う。発端の民主党員には院議長からの厳重注意と、携帯は当人からの謝罪で、近々の経済・国際問題に国会として、多くの議論が尽くされる事を国民は望んでいる。「国民不在の国会」と強く感じる。

 酒の上の事件の海老蔵暴行は意外な方向に向いている。暴走族のリーダーとの酒、こんな大切な時に飲むのだから「友人」?だろう。「灰皿にテキーラを入れ飲め!」と海老蔵が言ったとの新聞報道に、事件の発端はここにあると世間は視点を変える。歌舞伎役者としての暴行による重傷、「損害賠償額」を7億と言っていた。発端がこことなると、ある弁護士は重傷となっても、事件の原因の発端が本人にあるなら、賠償は難しいと話していた。自分の立場を「一杯の酒」で失う!今までの人気も「あの人はこんな人?」となる。酒は怖いと思う。私も酒で死にかけた事を思いだした。日本国の伝統芸能継承者なら、自分の立場を自覚し責任ある行動をと願う。

 今日は義理の叔母が老人ホーム生活を決めた事で、その住んでいた家の後片づけをする。私の叔父は「孤独死」を仙台でした、諸々の事情だが「種」は本人にあり、その責任を痛感しこんな死をむかえた。これからは「孤独死」は多くなる。自分も・・・?かな。

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 06:25 】

2010
12/01

里山景


町にはバソコンのFDが販売されていない、データの保存も「USBメモリー」が多く、他にCD-Rと「家庭IT化」は加速の一途となり、印刷業の疲弊となり廃業へと向かう時代となった。私は「世の流れ」に負けまいと、働いてもらっている従業員を一日でも多く長く雇用を考え、異業種への模索もまだ続いている。
 電器大型量販店に隣町へ、FDを買い「地デジコーナー」へ、随分値段も安くなり28インチが、特別価格で「6万円」の物もある。また、この日はエコポイントが明日までとあり、駆け込みのお客さんを多く見かけた。6万に「エコポイント1万点」と、こんな大きな特典はないだろう! 政府の電波のアナログからデジタルへの移行は、政府の政策であり「補助金」で国民に、支援し働きかけている。来年の7月から旧式のテレビでは、「地デジ対応チューナー」無しでは、テレビは見れなくなる。我が家では対応テレビを年老いた両親の為に準備し13万かかった。88歳のテレビを見ることが唯一の楽しみを完備した。他の2台はチューナーで対処する。データ放送は色々な方法で入手出来るので問題ない。昨日は知人が100%のポイントが良いと、3台のテレビを買いに走った、4から5万のポイントは魅力となり、人を動かす原動力となる。今日からは半分のポイント、しかし大きい!

 昨日の「臨時議会」は、水道事業所の危機管理マニアルの、提示と対策について説明があり、1時間30分近く10人の議員が質問3回を全部活用し、担当所長を追求した。「もういいんじゃない」との声もあるが、「歌津地区の給水制限・自粛」は、渇水以外では考えられない、行政の管理ミス・初動対処の遅れ、地域住民には「命の水」としてあってはならない事件で、これを「すみません」では、再度の発生を危惧する。職員・行政の危機意識の向上と管理体制の見直しは不可欠である。8日からの12月議会でも、又の議員の追求となる、繰り返しの「問題提起」により、職員の危機意識は間違いなく向上する。「なれ」は総てで問題の原因となる。

 「母子家庭」の悲劇が起こった。事件のミステリーに解決の糸口は見えない。夜8時の母親は3人の子供を残し、仕事に行き夜中2時まで働く、この日はたまたま仕事終わりの2時に仲間との食事をした。5時30分に「火災発生」となり、母親は駆けつけこの事件を知る。2人はベランダで助けを求め、6歳の子供は外で絞殺される。全国に「母子家庭」が増加していて、今後の一人親の家庭の諸々の事件を懸念する。我が町でも多いが、2つの仕事の掛け持ちは珍しくない、何でそこまで「一人を選択」するのか、私には判らない! 色々な事情は判るが、現代の社会制度が増加の要因となっているような気がする。子供はいったいどんな子に育つのだろう?大丈夫なのだろうか。知る限り、これも色々である。

 巨人の「抑え小林投手36歳」が解雇され、トライアウトでオリックスに入団できた。選手は球団から解雇となったら、ただの人で収入が「0」となる。巨人の小笠原は4億3千万円で、来期も仕事ができる。この高額な契約は「選手寿命」の短いスポーツ選手の、短所であり長所?とも言える。小林の11歳の一人娘は父親の、投手の姿を「ずっと」描き、父は子供に答えることで生活が成り立つ、小林選手は「僕には野球しかない」という。200セイブのロッテ小林、巨人での成績はダメだったが。来年は意地でも頑張り、娘に多くの「可愛い笑顔」が生まれる事を期待したい。

 5時からのブログは、朝仕事の「頭の体操」に丁度イイ!

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 05:55 】


 TOP