FC2ブログ

ARCHIVE - 2010年11月

2010
11/28

町の灯り


新井田の天王山の昔の「熊谷電装」さんの跡地に、焼鳥屋さんの赤い提灯が灯った。海の家をしている「浜の家」さんが、先週末の開店となり、ドライブスルーの形態が気軽に足を運ばせる。なかなかいけて美味く大きいし安い。賞味する価値あり!
 週末の「ひとり宴会」での、十日町の三浦酒店さんからのビールと、ケンズさんのお好み焼きで、ひとり盛り上がったが、350ミリの缶ビール2本で眠くなり爆睡で夢の中である。

 天王前にパチンコ店が新しくオープンした。「スマイル」という。前店ヒロタさんは中学の卒業と同時に、私は入り浸り「先生から叱られた」。昔は十日町に「ヒロタ」「快楽」の2店が、競うように新機入れ替えの「チラシ」があった。みな地元に縁の深い方で、ヒロタさんの亡くなった会長さんの娘さんとは同級生だった。その店も姿を消すことに強く寂しさを感じる。
 現在は他の地域の経営者のパチンコ店が総てで、周囲の地区などのパチンコ店の「チラシ」で、新聞折り込みがいっぱいとなっている。「我が町」は昔からパチンコファンが多い、漁業の町で漁民と公務員の人の姿を多く見た。私は15年間のパチンコ通いから、すっぱりと足を洗ったが、多くがまだ趣味の一つとしてはまっている。今は「パチンコ依存」を聞く、当たった時の「音と光」の快感は、好きな人にしか解らないだろう。サラ金・ローン・生活費使い込む主婦がいるとの噂もあり、生活苦での家庭崩壊の声も聞く。

 45号線の町から気仙沼への町中の天王前は、夜8時を過ぎでも写真のような明るさとなっていた。JAスタンド・セブン・カラオケなどが光輝く、やはり「パチンコ店」の明かりが際だっていた。バチンコの新装開店は多くの人の流れを生む、ラーメンチェーン店・JAスタンドは、その流れの恩恵を受ける事となる。

 自分の「奢り」「高ぶり」は、自分では気付かない事が多い。周囲の「気遣い」「助言」により、正しい方向に導かれ向く、幸運にも私の周りにはお節介人が多く、指導を受けている。自分の心からの発信でも、「違うぞ!」との意見をもらっている。今は多くの事を腹を割って話せる仲間に話し、そうで無い人たちにも自分の姿勢を話し議論ともなる。私の周りの人が「流され」始めている、そんな町のなっている気がするが、私だけが感じる物か。それが自分の「奢り」の表れなのか?と、「ふっと」思う。

 昨日は教育現場の話を聞く機会を得た。不登校は珍しくなく、「いじめ」の存在もあるとの生の声を聞いた。一部の影の部分なのかも知れないが、しっかりそれを見つめている。と言う。こないだ自殺あった、小6の女子生徒のクラスの行動と、先生の対処に「あれはありえない!」という。そのクラス風景に学校が気づかない事もおかしく、生徒から父兄から、そして周囲の先生から、その現実が校長・教頭に入っていないなんて?、学校での危機管理の無さに、児童教育の大切さを知らない教師の集まりがこの学校にある!としか思えない。そんな可愛そうな子供たちを一人でも無くす事に、町と地域・PTAが取り組み「隠す体制改善」が学校に求められる。

 今日こそ、一問一答へ通告書製作に一日取り組めそうだ。頭の中に得た情報の整理が12月議会定例会での質問となる。
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 10:32 】


TOP