FC2ブログ

ARCHIVE - 2010年11月

2010
11/16

南三陸町おさかな通り


南三陸町の観光発信の拠点、海の町「志津川」の新たな集客源が、ここにはあった。「産・町・学」が一体となった、「町起こし」が益々の進化を遂げていた! 中学校・高校の生徒の「出迎えの笑顔」が、嬉しい! 町民総てを巻き込む勢いを感じる! が?
 写真は「おさかな通り」の中央で、天候が来場客には大きく影響する。昨年より、その前よりも着実にこの「通り」の発展の姿がここにはある。もう自律してもらおう! 観光協会と共に! これからは一次産業の活性化への支援と、建設・建築への行政政策への取り組みと支援に、町として力を注いでもらいたい。

 ここ一週間の町内での「自殺」に目を覆うものがある。建設業・農業・サービス業の「苦悩終末」の最終決断がここにある。私が支援している「仲間」も5年前の、銀行への口利きや一時期の資金援助がなかったら?と思うと、この二文字が脳裏をよぎる。一時的な衝動が大きな結果となり、周囲の「あの時!」との言葉が虚しく聞こえる。
 「SOS」を必ずと言ってイイほど発信している。それを廻りが気づいてあげるか、廻りに心配してくれる仲間がいるかで、回避ができ、又の生きている事で出来る「幸福」を、家族と共に味わう事ができる。
 過去にも多くの人が「死をもって精算」した、「我が町」の人の事を思う。生きる辛さはあるが、今は法律・制度で守られている現実を知って欲しい。金が借金が総てではなく、人間が持っている強(したた)かさを、この時に発揮して欲しい。

 望まずに「突然の死」に私の多くの同級生は命を落としている。船の沈没により16歳?で2人の同級生が逝った。また、これからという時の交通事故で研修先の鳴子?で、これからの同僚と共に命を落とした。この「十代の死」は未だ若い自分には、事故とは云え衝撃となり、今を生き行動している支えでもあり、命の根底の基本を知らされた。
 昨日の報道で松平健の奥さんが「自殺」した。母親の死で「自分も死にたい」と言っていた、このSOSを言葉で誰も救う事が出来なかったのだろうか。自殺の連鎖が日本中・町内に起こらない事を願うばかりです。貴方の近くの「あの人」に手を差しのべないと!

 「守秘義務」という鎖で縛られたくない!と常に思う。今回の海上保安官の行動はどうだろう?と言う議論が巷にある。「国民の知る権利」「公務員としての義務」「守秘の中味として高くない」「外交のカード」など、多くの世論の声を聞く。内閣支持率は急落し、民主党指示率は28.9・自民は29と逆転した?。このままで政府は、国はもつのか? と今後の地方への影響が気になる!

 フィギュアの「村上佳菜子」が16歳で優勝した。浅田真央が次々にジャンプを失敗する姿があった中での事だった。世代交代?はまだ早い、村上は宮城でスケートを始め、真央の進んだ中京高校に進んだ、これからが楽しみである。スポーツ界は元気がいい「女子バレー」が世界選手権で、32年ぶりのメダルを獲った。試合は2対0からの逆転劇が、日本にもあり又された! スポーツは筋書きのないドラマを実感する。最後まであきらめないで!と言う事だろう。

 言いたいことはいっぱいある。私の知人は「ブログ」を止めたら?と、いつも口に出して言う。今これを取ったら・・。また明日。
スポンサーサイト

【 未分類 | CO:1 | TB:× | 05:37 】


TOP