FC2ブログ

ARCHIVE - 2010年10月

2010
10/27

寒!


今日は今年一番の寒さで11度となった。さすがにパソコンでブログする部屋は寒く、今年初めてストーブを稼働した。自分の3階の部屋は「放射冷却」のため朝は、一週間まえから「電気ストーブ」を軽く動かしている。今年の猛暑と「厳冬?」と異常気象となっている近年、大きな天災になることを危惧するが、予算がない町の財政は危機対策への軽視とはなっていないか、心配である。
 子供達の環境は本当に大丈夫なのだろうか? 子供たちの教育・ゲーム遊びなどの現在の状況のままで、本当に成長への支障とはならないのか? 家庭環境の平安の中に本当にあるのだろうか。町の家庭環境への把握も余りにも「無知」で、情報の収集をもっと図ってほした。私のような家から余り出ない人間にも、仲間との会話・メールのやり取りで、情報収集にはなっている。
 農業・漁業の「経営格差」「家庭格差」があり、こども達の為に父母・祖父母は一生懸命だ! 生活に追われるチョツトした油断で、家庭崩壊・子供異変へと繋がる。こうした状況打開には、地域間の情報交換や向こう三軒両隣の「繋がり」の必要性を強く感じる。現在2つの重大事件が起こり起こっている。私の力は小さいが1つの事案の解決に今動いている。

 月末のイベントは台風が近づいている!今後の推移が気になっている。「志津川産業フェア」は新漁港での開催で、海からの風の影響を心配する。昨日の札幌の「初雪風景」を見ると売る方も買う方も大変である。イベントが終わっての接近に台風にお願いしたい。
 昨日の「医師との懇談会」が町内でもたれた。議会からも正副会長の出席だったが、こうした懇談会にも「町民参加」をぜひ実現して欲しいが、無理だろう。議会とは違い、お医者さんの立場となると、微妙過ぎる懇談となるだろう。開かれた議会・医療の方向へは、何処かに双方の活動への支障となるのか? 町民の理解の及ばない部分がある気がする。
 
 事業仕分け「第3弾」が今日から始まる。一般会計の2倍の予算額があるという、特別会計は「無駄の温床」とも言われている。と言う。スーパー堤防には70億の結果のでない経費が使われたとも言われる。土地の大型嵩上げの事業と聞いたが?大事業である広大な地区の総てを数メートルの建物地下を上げるという?。「我が町」でも本浜地区での新築での1メートルから2メートルの基礎を高めたり、一階部分に通路を造り2階の住居とか、防水性のコンクリートの機密性に富んだ住居の建設がある。
 異常気象や宮城沖地震津波への対策を講じている。自己対策と自己の危機管理だが、総ての家がそれをできるわけでもない。下水道もそうだが、国・町の補助資金ありの事業とは訳が違う。

 子宮けいガンのワクチン無料へ。13歳から16歳までの3回の予防ワクチンで防げ、年8500人の発症で2500人が亡くなっている。と言う。北海道で「強毒性の鳥インフルエンザ」のガンの死骸が発見された。早期の対応策により、第二の宮崎県の状況とならないように、なってから騒いでも、「多くの涙」を見る事とになる。

 今日は法人会30年の式典と、サンライズクラブの「田舎暮らし」で居住する、太田さんの歓迎会がある。
スポンサーサイト

【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:14 】


TOP