FC2ブログ

ARCHIVE - 2010年10月

2010
10/15

季節感


我が家の近所には四季折々の花々がある。今は向かいの庭から道路側に「ざくろ」の実が2つ顔を覗かせている。何気ない風景だがなんか心を落ちつかせてくれる。本浜地区は子供達の声も多く聞く、道路でサッカーや野球の姿に、昔の自分たちの事を思い出す。

 昨日は「広報委員会」があった、行政の事や町財政、取り巻く諸問題が色々あり、今までは知り得ない情報がここにはある。林業は私には知らない状況が多々あり、ナラ枯れや松食い虫は現在深刻な状況にある。農業は「遊休農地」「休耕田」があり、背景には後継者問題が大きい、漁業はと言うと「価格の低迷」があり、漁業設備・道具への経費ばかりが増え、借金の原因となっている。公務員の「人事院勧告」での守りの中で、町民との所得の格差はどうにもならず、町は「基本として勧告に従う」とのトップの考えは揺るがない。行政改革・議会改革の方向へ進んでいるいるようだが、「我が町」の将来を思うと明るくはない。どうすれば?と思うと、町民の動向・思考の改革・改変も求められる気がする。やはり選挙でしか「地方改革」は出来ない。なれあい!ヤダヤダ。

 今朝のニュースは子供達の不幸が沢山あった。工事中の壁が崩れ高2の女生徒が通学時に死亡、小学教師38歳が児童買春で逮捕、出会い系サイトであった16歳少女に2万円を、その生徒が偶然学校に来たという、どこから発覚するか判らないが、自分で自主をしたという。また、46歳男性が小4に「強制ワイセツ」で逮捕、こんな事件・男が最近増えたような気がする。
 こないだ「東尋坊」で、自殺志願者を一歩手前でボランティア救助している人が、紹介されていた。警察官を退職後にこの場所に店を出し、この活動をしていた。この日は20歳の大学生の不振な行動に目が止まった。一角に公衆電話がある、自殺の前に必ず誰かに電話すると言う。このサインがあり追いかけた、男性はこの場所に死にに来たという。現在の養子として迎え入れたくれた父母に、幼いときからの虐待を受けた、しかし大学まで入れてくれた。この両親への複雑な思いが「家族関係」の悩みとなり、夜包丁を持った事も。悩み睡眠薬20錠の力を借り自殺に至ろうとした。私も20歳頃に「友人関係」?と言って、人を介し相談した事がある、若かかりし時に誰もが通る「悩み」でもある。この朝も女子校生が「マンガ喫茶」でビニール袋をかぶり自殺した。衝動が一番怖い!人生に投げやりな状態になる一瞬が危険でもある。近くの誰かが異変を気付く事、誰かが話を聞く事で、最悪の状況を回避できる。

 現在私は「口うるさいオヤジ」と従業員には映っているだろう? 誰の為でもなく、あなた達の為と自分に言い聞かせている。互いの信頼感を皆には求めてはいる。現在「我が社」は従業員の平均年齢が20代後半となっている。まだ、人生の何たるかよりも、自分の思いのままにいたい!が考えにある気がする。人がいて自分が在る事を早く判って欲しい。

 「慣性談合」で12億円、日本年金機構の惨事役がNTTドコモ子会社に、メールで情報を流したと言う。年金問題で大不祥事を起こし、この流れのままに現在もある、厚生省の関係官僚の姿に「人の欲」は不滅なのか?と、嘆かずにはいられない。自分の為ならなりふりかまわない、仲間の集まりが何処にもある事、国民の血税に蔓延るコウモリのように! 先頃我が家に入ったコウモリを捕獲。
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 06:00 】


TOP