FC2ブログ

ARCHIVE - 2010年09月

2010
09/20

高齢者の力


今日20日は「敬老の日」だという。「我が町」でも先週にかけて3日間4地区で開催された。発表された65歳以上の高齢者は2944万人で高齢者率は23.1%となるらしい、80歳以上が826万人にもなる。私の両親2人も88歳でこの中に入る事になる。日本の総人口が1億2千万人と言われる中での、この数字は24歳以下の若者の数が気になり、日本の経済が成り立って行くのか?と思うと不安で複雑な気持ちとなる。
 先頃の「我が町」での敬老会での、病院に掛かっていない方が、敬老対象の高齢者の中に41人?がいる。それに町からの感謝状の伝達の風景です。私の知人仲間の周囲を見ても皆が病院掛かっている現状の中で、「凄い!」と感じずにはいられない。シルバー人材センターの会員の皆さんも実に若く、仕事をされていて「大きな町の力」となっている。ゲートボール・グランドゴルフ・文化協会の各種団体での、高齢者の積極活動と、熱心さばかりが目立つ、私の同年代の若者?・盛年は何しているのだろう。
 
 今「我が社」には10月から3人の女性と、2人の男性がいる。こんな状況となり全員が独身であり、その改善に積極的に活動して行こうと思っている。私もそうだが「未婚」がこんなにも居る事が、「町が明るくない事」にも繋がっている。4人は20代とまだ若く、ここ2.3年が「カギ」となると思う。積極的に色んな所に出し、仕事を通して人との出逢いを楽しんでもらいたい。
 昨日も「おらいさよめごいねべが!」と、防火婦人部の方が話しているのを聞いた。こんな町の状況の把握が急務なのだが、行政は積極的にこの部分に入ろうとはしない。「個人情報問題」も少しは絡んでいるみたいだが、個人の生活まで入りこむ事を、行政では出来ないと話すばかりである。行政トップや管理職の積極的な、個人時間での活動を行って頂く事は可能な気がする。
 現在の職員の気持ちは「一部の人間」に、本気で自分の時間で「我が町」のために行動している感じを受けない。行政職員の益々の意識の改革が必要に思う。言葉や紙に書いての「町民の為」ではなく、行動を通して現してもらいたく、それは勿論「自分の時間」を使っての活動でである。
 こうした活動・行動を町民はきっと見ていてくれる。「いやな人間」「自分に利害の得れる人間」などに対する、行政職員の顔・行動をしっかり見られている事を知ってもらいたく、忘れてはいけない。「一部の職員!」と言っておきたい!

 米泥棒が横行している! 昨日も14俵で12万相当が耕耘機と共に盗まれたと言う。すでに新潟県では600㎏が盗難にあっている。春の代かきから始まり・田植え・雑草取り・水管理など、成育と共に「天候を気遣い」、稲刈り・天日干し・収穫・保管・出荷まで、一年を通しての管理育成と時間に精魂込めた、「米」を盗まれる事の無念さは、並大抵のショックではすまされなく、一年間の生活が係り農業収入の低下と、二重苦となり最悪の行動も予想でき可能性さえある。ぜひ犯人逮捕と物が戻る事を願うばかりです。

 昨日に午後に2時間30分の会話と、夜1時間の会話の時間がある。想定していない時間の時だが、今の自分を見直し・見つめる会話の時間となった。人との本気の会話は「自分を又成長させてくれる!」物となる気がする。
 今日は「戸倉剣道練習」の日でもある。猛暑が明け汗を今日はたっぷりかこう!
スポンサーサイト

【 未分類 | CO:1 | TB:× | 05:56 】


TOP