FC2ブログ

ARCHIVE - 2010年09月

2010
09/16

町長凄い


昨日で6日目の議会となった。13日の4日目からの町長の議会への参加となりました。昨日は5時を過ぎ・一昨日は6時過ぎまでと、町予算の決算の審査に活発な討論となり、休憩もなく時間を忘れるかのごとくの審議となりました。
 帰りの自転車での通勤のなかで、写真の風景に寂しさを感じ、写真で「パシリ!」。私が五日町に情報誌を配布していた時は、まだ人が住んでいた気がした、それが1年前の事でした。八幡川沿いに道もなく、川にせり出すかのごとく家の建ち並ぶ場所の、歯の欠けたような状態になる。端のサトークリーンイグ店さんの廃業もあり、この場所も将来の移転となってしまうのか?と、向かいにあった家並みの頃を思い出した。
 
 「町長凄い!」の言葉は議会の質問のやり取りの中で、質問した議員も忘れかけた「名称」を覚えている事にである。議会休憩の10分間に控えに戻るやいなやの、議員たちからの言葉だった! 6ベージにも渡る決算予算の説明に、スラスラと読み語る姿に、頭の回転の速さと上手さに驚くばかりである。原稿を読む事もなく議員への質問の返答は、同じ発言もあるが明解で、私には「大きな説得力」となっている。
 自分はこんな町長に「脱帽しそうになる」、そして「自己嫌悪」に陥りそうになる。そして違うと言い聞かせる。彼は仙台商業から宮城県印刷商工団地で働き、父親の家業を継ぎに、印刷レイアウト奥さんと結婚し帰郷したと、噂で聞いた。その後は皆さんも判るとおり、学校PTA会長を歴任し商工会会長となり、町会議員となり現在の南三陸町町長となった。
 多くの経験と行動と共に、挨拶の技量も益々高め、今の姿があると思う。しかし、初めから備わって頭脳とバイタリティーは、天性のものと私は感じる。時間が経てばだきるという物でもないような気がする。
 私の記憶力の無さと、経験の無さがあるが、勉強・経験・学習で支持を受け選ばれた責任の元に、やらなければならない「責務」があると思っている。変則となった今回の「9月定例議会」、今日明日に一般質問であり、議案審議の後という事になった。「若者雇用の場の行政での創造を」との内容でしたい。私の出馬の主題として出した物だが、町の現状の厳しい中での「若者の働く場の確保」について、自分なりの視野で質問する予定です。

 4回目の定例会で1年間となる。「あっと言う間!」だった気がする。とにかく初めから考えていた、議会時の一般質問をするという、自分の目的4回の質問は遂げられそうだ。新人議員の活発な質問姿勢も現在はあり、今後の益々活発の議会の運営が成される。とにかく多忙な議会活動が今展開されている。広報委員会・「議会と町民との懇談会」の特別委員会・小委員会と、来月は会議がいっぱいある。10月1日は新人議員の勉強会が、県自治会館であり一日の出張となる。

 土曜日に戸倉の30歳の男性の面接を予定し、会期中で行けなかった方の焼香にも行こうと思う。今日も忙しくなりそうだ。外は雨だ!自転車出勤どうしよう。
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 05:45 】


TOP