FC2ブログ

ARCHIVE - 2010年09月

2010
09/09


ひとり考え過ぎの感もあるが、人との繋がり・係わり・出逢い等という事に、「縁」を強く思いこれを大切にしたい! しかし、驚く人間の行動・発言も知り、排除したらいいか思案に悩む? 可愛そうな人間と思えばなんて事はない。

 今の「我が町」はこの夕暮れの「ヒマワリ畑の風景」と感じている。このから起こる事への夕陽の赤、そして暗闇となり、また太平洋の朝日をヒマワリが全体で受け止める。この花をこのアングルを撮ってくれた、女性が今「一生懸命」に頑張っている。地元で仕事をしたい・家族の為に働きたい、そして人の為になる事をしたい、と会社の戸を叩いてくれた。

 仲間達のこれからの生き方に多くの変化を見る。自分もだが気づいていないのかも知れない。自分の代で終わる事で気持ちは安定しているが、子供を持ち将来を考えないといけない仲間の今後は、子供達がこの町で生きるのは厳しいと、親としての仲間も充分知っている。子供たちは「この町」で生きたい!と強く思っている。のだか・・・
 昨日の新聞に「町長が腸閉塞」との報道があったらしい。昨日からの9月定例議会でも、大きな影響となり「変則議会」となった。決算議会ということだが、何もかも初めてその異例さも判らなく、淡々と議会の流れに乗っているという感じです。
 志津川公立病院の「愛川先生」の突然の死は、町の医療体制の弱体化へと繋がり、医師の招聘がままならない中での、一名の医師の逝去が町長にとっても、精神的にも大きな痛手となった事は間違いがない。新たな観光協会の数々の取り組みにより、町の活気は間違いなく増幅し、体験型の旅行も定着し、多くの学生が町の農業・漁業を体験し、南三陸町の自然を味わっているという。しかし、その多くの姿を私はまだ見ていない。町中で大学生らしき集団がそうなのだろう。
 時代の流れの急速な変化に、町・観光・教育の分野で今遅れは許されない。取り残される事の怖さを別な角度から、自分自身も多くを体験している。その取り返しへの「エネルギー」は、半端なく大きく必要となる。一休みして考える事が「身体」に取っては必要だが、重要ポジションにいる人材は、休む暇はなく周囲がフォローしないと、町長のようになる?

 「鈴木宗男逮捕!」このニュースが自分には衝撃だった。裁判中だったと言う事も忘れていた。受託収賄・斡旋収賄・政治資金規正法など4つの罪があり、この上告が最高裁で退けられた。2社からの1100万円の授受があったという。有罪により議員の職を剥奪され2年の刑期と1100万の罰金となった。8年前の国会での社民党を離党した「辻元議員」の、「疑惑の総合商社」と銘打った発言を思い出す。有罪となった事は「家族には一番申し訳ない!」と、娘への話で涙を流していた。5年間は国政に復帰出来ないが、こないだは「勤続25年表彰」を受けたばかりは皮肉である。しかし、まだ審査申し立てをするというが、元検察官は何一つ罪を逃れる物はないと言っていた。

 台風が福井からの上陸は初めてという、変則ルートで猛威となった。静岡120ミリ・東京67ミリと局地的豪雨となり、大きな被害となったが今の所死者はでていない。「我が町」の屋台村のイベントも台風通過を心配し中止となったが、ひとつも影響は無かった。
 今日は大変である、従業員が一番若い女性一人となる。一人の不幸と、一人の休みと、私の公用である。
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 06:19 】


TOP