FC2ブログ

ARCHIVE - 2010年08月

2010
08/10

歪み


中国は人口も多いが国も広い、地名も何とか聞いた事がある名前と、うつろに覚えている。「甘粛省」の土石流では130人1200名のけが人と弟一報で伝えられたが、今日には337人の死亡となり、情報の変化も大きい。この災害は「経済発展に自然開発」がついていけない中国の現実がある。ダム建設による森林の伐採の影響が原因と言う。この町から「みんな居なくなった!」と言われる程の大土石流となった。中国のイメージは、深い山と豊富の水、のどかな生活が、一瞬にしてドロの世界へと変わってしまった。経済発展の一方的な流れの影にはその「ひずみ」が何処かに現れる。
 
 今年の志津川湾の花火大会は「素晴らしい!」の一言につきる。程良い風が花火の煙を消し去り、次の花火をはっきりとした形で、夜空に描いていれた。猛暑・炎暑と良いながらも、自然の作り出した環境が人間の芸術とも言える「花火」を引き立ててくれる。人混み・熱気・笑顔が会場を埋めつくす。こんな華やかさの影の「自然への感謝」を怠ってはいけない。人間が造り出す前に環境を整えてくれているのが、自然です。人間と自然との調和は、自然が先でその後に人間が生かされている事を忘れてはいけない。
 海からの歌津の恋来い浜祭りの花火はガスがかかっていたと思ったら、「今年は良かったですよ!」来社されたお客さんから聞いた。志津川湾での「夜釣り」から島影に上がる「小さな大輪」がそれだった。これも海からの自然の恵み「穴子」と、天候に恵まれた自然環境が与えてくれた。自分一人で決して出来ることではなく、世界が一つもなっても、自然の力には勝てない。現代人間の奢りが世界・世の中に蔓延している。その「ひずみ」がどんな形で、将来に未来の子供達に影響を及ぼすか?これだけが気がかりです。私達が思い込みで行った行動が、最終的に現れる事を考え、今を生きて行きたい。

 奥尻の「ひずみ」が西南沖地震で、一つの小さな島を一瞬で飲み込んだ。中国の土石流は人災で、その「ひずみ」が一つの省を、人間が行った自然開発で、結果的に一瞬で村人を消し去った。まるで自然が人間に「このままでは駄目だよ!」と戒めているように思う。私の現在の行動・思考も「見直す」事が必要と感じる。「ひずみ」として現れる前に!

 また事件です!91歳の母親を63歳?の息子が「顔面打撲による骨折」と報じられる。高齢化社会・独身社会がその背景にはある。母親と二人の息子の三人暮らしだという、息子は無職で母親の介護をしている。何処にでも在りそうだが、昔は無かった。こんな家庭環境が今後も増え、同様の事件も頻繁に現れる傾向にある。20代の女性の「赤ちゃん虐待」は、周りの幸せが妬ましくてやったと言う。他人の無防備で一番弱い「赤ちゃん」に向かう、妬みの行動は女性・人間として、昔は無かった犯行です。昨日はある人と話した折に、今時の子供達は態度・格好はそうなんです。と話す。しかし、世間は直ぐには認めてくれるはずもなく、「遠回りなんだよ」「考えチョット違う!」と誰が教えるかと言うと、二人の両親でしかなく、その両親のまた親達が教えないといけない!

 二度とない人生なんだから、自分のため友人のため周囲のために頑張ってほしい。
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 07:21 】


TOP