FC2ブログ

ARCHIVE - 2010年07月

2010
07/29

夏休みの想い出に


ぜひ子供達には「想い出多き夏休み」にしてもらいたい!ご両親の多忙もあるが、将来を考えると「幼き夏の日」は、良き想い出として一生心に残る。こないだの「荒嶋神社宵宮祭」には、浴衣姿の子供たちの見学と元気な姿、おとうさん・おかあさんとの、ほのぼのとした時間を一緒に過ごす、夏の夜となった。昔が当たり前にあった光景・事が、なかなか出来ないのが現代です。

 昨夜は歌津地区での「夜祭り」が開催されました。平日ながら地域から「活性化の発信」として、商店主が頑張っている。私も誘いを受けたが昨夜は、「焼香」に行ってきた。52歳の息子さんの今後の多難に、同じ家督としての厳しさを痛感する。地域も同じ同年代近くと、一緒に活動したい、自分の「スキル」を高める事が先決と、自分に言い聞かせている。

 平均寿命が発表され、女性が86.44歳と世界一位を独走している。男性は79.59歳で世界五位だという。「生きている事も苦しい!」と私は長生きに「マイナス」イメージを持っている。88歳の両親を持ち3人暮らしだ、父の介護の姿、母は認知で自分を知らない分幸せなのかも知れない。二人がいつも一緒でいる事が幸せと思う。最後までなるがままに二人を見守って行きたい。高齢者の死亡原因は「合併症」による、肺炎・心臓病だという、普段からこうした情報を意識しながら、三人での家庭をしている。

 山本真純さん34歳日テレアナウンサーが飛び降り自殺?「育児ノイローゼ」だという。仙台市の母親のマンションからの「自死」だった。子供の出産は女性の幸せで、女性が「母親」になり強くなれるものと思っていた。その裏ではホルモンの異変による、精神面の不安から、育てていく自信がなくなる・明るい未来がないなど「産後ウツ」に陥るケースもあるという。2人目の出産での事故?だった。男性の一人者には理解しかねる事件です。
 昨日も突然のもう一つの事件があった。40歳男性の水死があった、警察の検死では「心筋梗塞・自死」だった。「じし」での変換で「自死」とは出てこない、最近生まれた言葉なのだろう?!現時代が生んだ「精神疾患」ながら、やはり「ウツ」と聞く。いつどうしたキッカケ・条件でなるのか、なんとなく不安・涙もろくなど、誰しもが陥る「病気」です。私のような「楽天的」「適当」な人間には成りにくいと言うが、それとて言い切れない。周囲に「黙って話を聞くだけで」の仲間がいる事で、回避・防止できる「一時的なこころの病」です。

 1歳から4歳の死亡率が先進国の中で「日本」は多い、人口減少と言いながら、政府の小児科医療体制の不備への対策が無いと言う。小児科医が不足・激務があり、重傷の子を診れない・日本の医療体制があるという。20年も続く1歳から4歳の死亡率の高さは異常を感じる。子供の虐待も44000人と26%が赤ちゃんにだと言う。政府の医療政策の不備が作り出したとも言える。

 「火事ダー!」、火災発生時に一番初めにする事がこれです。火の元確認・逃げる・救助より最初です。「人に伝える事」の大切さがこんな所にもあった! ウソはいけない。
 
スポンサーサイト



【 未分類 | CO:0 | TB:× | 04:17 】


TOP